世界一危険な秘密結社「オクトパス」を追ったジャーナリストが怪死! 政財界・軍の有力者らが所属… 謎のプログラム「PROMIS」も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
世界一危険な秘密結社「オクトパス」を追ったジャーナリストが怪死! 政財界・軍の有力者らが所属… 謎のプログラム「PROMIS」も!の画像1
イメージ画像:「Gretty Images」

 社会の暗部に目を向け続けているジャーナリストが自らの命を絶つとき、ひとつの重大な疑念が湧き上がってくる。それは本当に自殺なのか? 死の背後に、情報の拡散を嫌う第三者の影があるのではないか?

 このたび紹介するのは、世界を股にかけて暗躍する秘密組織と、謎の核心に迫ったジャーナリストの物語である。

■秘密結社“オクトパス”

 1991年8月9日、アメリカ東海岸ウェストバージニア州、マーティンズバーグに建つシェラトンホテル517号室の浴槽で、ダニー・カソラーロは非業の死を遂げた。

 両手首が切り裂かれ、家族宛ての遺書が残されていた。典型的な自殺にも思われる。

 が、事の成り行きを考えれば、それほど単純な出来事として片付けるにはふさわしくなかった。

 彼は死の直前まで、オクトパス、すなわち「タコ」と名づけられた強大な秘密結社の存在を解き明かそうとしていた。

 その名前の由来のごとく、地球上に無数の触手を張り巡らし、自在に影響力を行使する組織――。それがオクトパスなのである。

世界一危険な秘密結社「オクトパス」を追ったジャーナリストが怪死! 政財界・軍の有力者らが所属… 謎のプログラム「PROMIS」も!の画像2
ウェストバージニア州マーティンズバーグの街 画像は「Federal Highway Administration」より

■触手とのファーストコンタクト

 オクトパスに関わるカソラーロの一連の取材は、彼の死の一年半前から始まっていた。米国家安全保障局の出身者でコンピュータソフトウェア業界の大物である、ウィリアム・ハミルトンという人物に探りを入れたのが発端である。

 ハミルトンは米司法省のための非常に洗練されたプログラムの考案者である。

 プログラムは同省の要求するとおり、犯罪者の追跡と発見に役立つものではあったが、ハミルトンは受注費の水増しのかどで訴訟を起こされ、敗訴を余儀なくされた。さりながら、それはプログラムの開発終了を意味することはなく、情報組織の怪しげな面々の手に渡って開発・改良は続行されていた。

 プログラムの名は――PROMIS。

コメント

3:匿名 2019年6月28日 09:30 | 返信

エージェント・オブ・シールドで見たよ
HYDRA(ハイドラ)だろ
日本式の発音ではヒドラ

2:匿名 2019年6月28日 09:14 | 返信

ヒドラの元ネタ?

1:トランプ大統領 2019年6月27日 22:24 | 返信

タコと縁のある私からしたら、恐らくこの組織も私のことを脚色したものだと思う。
よくサッカーの占いタコとして活躍しているので観察してみるといい。
なんか知らんが創価に八王子にされる関連でタコ扱いされているようだ。
八村塁も恐らくその関連でウィザーズに入団したのだろう。すべて仕組んであることなので。
偶然など全くない。そのことはチョン天皇がよく知っているだろう。
ところでPROMISとはどういう意味?消費者金融のプロミスではないのか?
貸した金返せとかいうなら、お断りだ!
貸した奴が犯罪者であるし、弱者に金を貸して金を得るなど乞食と変わらん卑怯者のやり方だ。
返すことを前提条件しているのは悪である。それを盾に人を脅したりゆすったりするゴミは死ぬべきで、逆に賠償金を払って日本人に土下座して謝罪すべきだろう!というか切腹しろ!
お前など生きる価値などない!イスラム原理主義者に金を貸した罪で殺されるべきである。
なるべくアラブ人に煮えた油に投入されて揚げられるべきだ。
アラブっちゃえ タカブっちゃえ noisy love power!なのだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。