赤坂迎賓館に秘められた数々のフリーメイソンのメッセージを発見! 関係者も認め… 天皇家・ユダヤ人・秘密結社は“オープンな関係”!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
赤坂迎賓館の画像1
赤坂迎賓館(撮影=深月ユリア)

 東京都港区元赤坂にそびえたつ、赤坂迎賓館。「日本のベルサイユ宮殿」にも喩えられるこの高貴な建築は、もともと1909年(明治42年)に旧東宮御所として建設され、大正天皇の皇太子・裕仁親王(後の昭和天皇)と良子女王(後の香淳皇后)が住まわれた。しかし、ネオ・バロック様式の華美すぎる装飾や、日本古来の建築と比べて夏は暑く冬は寒いなどの使い勝手が問題視され、東宮御所として使用された期間はわずか数年だった。

 戦後、旧東宮御所は皇室から内閣に移管され、サミット(先進国首脳会議)などの国際会議や世界各国の元首など国賓の接待に使われる赤坂迎賓館となり、明治以降の建築としては初の国宝に指定されている。

■超厳しい警備体制の奥に……!

 さて、赤坂迎賓館を設計した建築家・片山東熊(1854~1917)は、フリーメイソンリーだったといわれる。というのも、片山の師匠であり三菱一号館や鹿鳴館など明治を代表する数々の建築を残したジョサイア・コンドルが、英国の著名なフリーメイソンだったのだ。

赤坂迎賓館の画像2
片山東熊 画像は「WIkipedia」より引用

 そこで筆者は「もしや建物内部にフリーメイソンのシンボルがあるのでは?」と考え、この大型連休中に赤坂迎賓館を訪問することにした。2016年度から観光振興のための施策「ユニークベニュー」によって一般公開されるようになった迎賓館。訪問日、「令和」への改元を記念する意図からか、敷地にはカフェが設置されていたり、夜間にはライトアップなども行われていた。

 入場に際しては空港のボディチェック以上に厳しい警戒体制が敷かれ、手荷物検査のほか、ペットボトルなどの飲み物を持って来た者は、その中に毒が入っていないことを証明するため一口飲まされるなどしていた。もちろん、筆者も無事にチェックを通過して入場できた。

 そして、ついに見つけてしまったのだ。赤坂迎賓館内にある、いくつものフリーメイソンのシンボルを――! 館内は全面的に撮影禁止となっており、それらを写真でお伝えすることができず残念至極だが、しっかりと文章で報告したい。

コメント

5:匿名 2019年5月11日 15:53 | 返信

>> 1

メーソンに入会したと仮定して、メーソンが入会したその新人を助けるかどうかなんてわからないだろ?新参者を信用するような組織なのか?
鳩山は父親が熱心なメーソンのメンバーだったからこそ信用を得ているが最近は寝返りを匂わせるような発言ばかりなのでもしかするといつか暗殺される可能性はあると見ている。

4:匿名 2019年5月11日 06:03 | 返信

↓コイツバカ!ゲームの話してんのか?

3:トランプ大統領 2019年5月10日 23:55 | 返信

私はフリーメイソンもイルミナティも関係ない。ユダヤ系だが全く関係ないから安心して頂きたい。
確かにパペットに鳩山氏がいるがそれはそれでただの擬人化した一人に過ぎない。
そもそも日本に居たら嫌でもそういうものだらけで逃れられん。
日本人は宗教嫌いなのに、偽日本人が勝手にその様な環境にしてしまうのだ。
そして、いつのまにかに魔法使う殺し屋の猫になって悪の人間と戦うことになってしまった。
チョンがどんどん仕掛けてくるので、潔癖の私は戦わずにはいられない。恐ろしい世の中だ。まさか人間が奴のパペットだとは!誰も信じるな!全てが敵だ!盾の勇者として現在交戦中である。奴隷を使い世界を征服しろ!

2:匿名 2019年5月10日 19:22 | 返信

最後にボランティアのジジイとのヨタ話入れなければオモチロイ読み物だったのに

1:匿名 2019年5月10日 17:05 | 返信

日本国内をどうまとめるか苦心していた最中に地球を1つに
統合する宇宙的視野で話されたら、それはスケールが大きす
ぎて白旗を揚げ、メーソンリーになるしかなかっただろう。

グラバーはそうやって明治維新を制御し日本をメーソン下に
置いた。メーソンとは、すなわちディープステートと同意。

宗教&金融制度を柱に民衆が被支配者である事を自覚できな
い支配を進めている。NWOが実現した暁には支配が完了し、
どうあがいても逃げられなくなる。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。