サグラダ・ファミリアには悪魔の「ガウディ・コード」が隠れていた!? フリーメイソン、33の魔方陣、獣の数字18… !

サグラダ・ファミリアには悪魔の「ガウディ・コード」が隠れていた!?  フリーメイソン、33の魔方陣、獣の数字18… !の画像1画像は「Getty Images」より引用

 2026年に完成が予定されているスペイン・バルセロナの「サグラダ・ファミリア」。知らぬ人はいない超巨大建築物であるが、そこには建築家アントニ・ガウディが隠したあまり知られていない秘密がある。本日21時10分よりNHKで「サグラダ・ファミリア 天才ガウディの謎に挑む」が放送予定だが、トカナはガウディとガウディ・コード、そしてフリーメイソンの謎に注目した。

■サグラダ・ファミリアの魔方陣

サグラダ・ファミリアには悪魔の「ガウディ・コード」が隠れていた!?  フリーメイソン、33の魔方陣、獣の数字18… !の画像2画像は「Apartime Barcelona」より引用

 サグラダ・ファミリアの正面の1つである“受難のファサード”(ファサード=建物の正面)に埋め込まれている「サグラダ・ファミリアの魔方陣」と呼ばれる4×4の魔方陣が今なお謎とされている。

 4×4の魔方陣とは1~16の数字を縦4列、横4行に並べ、縦・横・対角線にある4つの数字の和がいずれも同じ数になるもののことだ。サグラダ・ファミリアの魔方陣も4×4であるが、12と16がなく、その代わりに10と14が2つずつある変形版の魔方陣となっている。縦・横・対角線の和はどれも33になるが、この数字にガウディがこだわった可能性があり、ガウディ・コードといわれている。

 賃貸情報サイト「Apartime Barcelona」によると、ガウディが設計したグエル公園の階段がちょうど33段であることもさることながら、キリストが磔になった年齢が33歳であり、宗教的な意味を持たせたのではないかという。また、フリーメイソンの最高位が33位であることも偶然ではなさそうだ。というのも、ガウディの出身地であるレウスはフリーメイソンの中心地の1つであり、幼少期の友人や、グエル公園の施主だったグエル伯爵はフリーメイソンだったと知られている。

サグラダ・ファミリアには悪魔の「ガウディ・コード」が隠れていた!?  フリーメイソン、33の魔方陣、獣の数字18… !の画像3フリーメイソンの33の位階「Gnostic Warrior」より引用

 フリーメイソンはもともと石工職人のギルド(同業組合)であり、彼らが携わっていたのは聖堂や修道院の建築だった。そもそもガウディがサグラダ・ファミリアを建築しようとしたのも、彼がフリーメイソンだったからかもしれない。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ