サグラダ・ファミリアには悪魔の「ガウディ・コード」が隠れていた!? フリーメイソン、33の魔方陣、獣の数字18… !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
サグラダ・ファミリアには悪魔の「ガウディ・コード」が隠れていた!?  フリーメイソン、33の魔方陣、獣の数字18… !の画像1画像は「Getty Images」より引用

 2026年に完成が予定されているスペイン・バルセロナの「サグラダ・ファミリア」。知らぬ人はいない超巨大建築物であるが、そこには建築家アントニ・ガウディが隠したあまり知られていない秘密がある。本日21時10分よりNHKで「サグラダ・ファミリア 天才ガウディの謎に挑む」が放送予定だが、トカナはガウディとガウディ・コード、そしてフリーメイソンの謎に注目した。

■サグラダ・ファミリアの魔方陣

サグラダ・ファミリアには悪魔の「ガウディ・コード」が隠れていた!?  フリーメイソン、33の魔方陣、獣の数字18… !の画像2画像は「Apartime Barcelona」より引用

 サグラダ・ファミリアの正面の1つである“受難のファサード”(ファサード=建物の正面)に埋め込まれている「サグラダ・ファミリアの魔方陣」と呼ばれる4×4の魔方陣が今なお謎とされている。

 4×4の魔方陣とは1~16の数字を縦4列、横4行に並べ、縦・横・対角線にある4つの数字の和がいずれも同じ数になるもののことだ。サグラダ・ファミリアの魔方陣も4×4であるが、12と16がなく、その代わりに10と14が2つずつある変形版の魔方陣となっている。縦・横・対角線の和はどれも33になるが、この数字にガウディがこだわった可能性があり、ガウディ・コードといわれている。

 賃貸情報サイト「Apartime Barcelona」によると、ガウディが設計したグエル公園の階段がちょうど33段であることもさることながら、キリストが磔になった年齢が33歳であり、宗教的な意味を持たせたのではないかという。また、フリーメイソンの最高位が33位であることも偶然ではなさそうだ。というのも、ガウディの出身地であるレウスはフリーメイソンの中心地の1つであり、幼少期の友人や、グエル公園の施主だったグエル伯爵はフリーメイソンだったと知られている。

サグラダ・ファミリアには悪魔の「ガウディ・コード」が隠れていた!?  フリーメイソン、33の魔方陣、獣の数字18… !の画像3フリーメイソンの33の位階「Gnostic Warrior」より引用

 フリーメイソンはもともと石工職人のギルド(同業組合)であり、彼らが携わっていたのは聖堂や修道院の建築だった。そもそもガウディがサグラダ・ファミリアを建築しようとしたのも、彼がフリーメイソンだったからかもしれない。

コメント

3:匿名 2019年1月6日 19:40 | 返信

正直、サグラダファミリアも、ガウディの作品も全体に趣味悪いからなぁ…。^^;
仮にガウディが魔方陣や数字の小細工をしなくたって
魔物は寄り付くと思うよw

写真で見ても、現地で実物を見ても
あれで教会とか神聖とか、嘘こけって思うからw

2:匿名 2019年1月6日 18:40 | 返信

よく言われるけどイルミナティもトランプも悪魔なんか崇拝してないよ
そんなのは極一部のカルトだけ

1:匿名 2019年1月6日 13:20 | 返信

サグラダファミリアは、地下で町全体(ガウディの作品)に繋がってるからなー。

「教会の鐘の音による町全体を洗脳する悪魔の計画か?」とか、そこまでぶっ飛んだことを書けば面白かったのに。控えめな内容でちょっと残念w

・・・・・サグラダファミリア・・・桜田ファミリーや!。
ちょっと言ってみたかっただけとです。。。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。