新紙幣「1万円札の渋沢」や「令和」は“イルミナティ”の企てだった!? 獣の数字、ピラミッド、奴隷化、メイファー、新世界秩序陰謀論!

新紙幣「1万円札の渋沢」や「令和」はイルミナティの企てだった!? 獣の数字、ピラミッド、奴隷化、メイファー、新世界秩序陰謀論!の画像1
画像は「YouTube」より引用

 賛否両論が渦巻く新元号「令和」。これまで中国の古典から抜粋されてきた元号だが、今回は初めて日本の古典、万葉集「梅の花32首」から命名された。美しい響きではあるが、「令和」の「令」は「命令」の「令」であり、安倍政権が自分に好都合な法や秩序により国民を上から統制しようとしているのではないか、と懸念する声も聞かれる。

 この「令和」に関して、一部の海外メディアが皮肉じみた記事を出している。というのも、「令和」は中国語で「累哇(疲れた)」と同じ発音になる。また令和18年に生まれた人が「R18」になる訳だが、もしかしたら、令和18年には、R18記念で様々なアダルト市場が潤うのかもしれない。

 本題だが、本稿では何より「令和」と秘密結社フリーメイソンとの関係性について取り上げたい。

「令和」とは、ラテン語で「神からの授かり物」を意味する。また、イギリス公共放送のBBCは、「令和」を「Order and Harmony」と訳した

――ここで賢明な読者はお気付きだろう。

「令和」には、フリーメイソンやイルミナティなどで言われるところの「神(G)」から授かった「新世界秩序=New World Order」の意が込められているのではないだろうか。

新紙幣「1万円札の渋沢」や「令和」は“イルミナティ”の企てだった!? 獣の数字、ピラミッド、奴隷化、メイファー、新世界秩序陰謀論!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで