老婆が森で発見・保護した宇宙人「アレシェンカ」の謎! 背後にソ連核開発と秘密都市の闇、老婆は謎の死を遂げ… 怒涛の展開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
老婆が森で発見・保護した宇宙人「アレシェンカ」の謎! 背後にソ連核開発と秘密都市の闇、老婆は謎の死を遂げ… 怒涛の展開!の画像1
画像は「Daily Star」より引用

 

 1996年、ロシア・チェリャビンスク州の小さな村で、エイリアンと思しき奇妙な生命体が発見されていたのをご存じだろうか? 英紙「Daily Star」(6月21日付)を参考に、その詳細を見ていこう。

・「Chernobyl ‘ALIEN’ mysteriously murdered near Russian secret nuclear City 40」(Daily Star)

 ある日、Kaolinovy村に住む老女タマラ・プロスヴィリナが、森の中で少年を見かけたと村の人に言い回ったそうだ。この時、村民はタマラの言葉を全く信じていなかったが、駆け付けた救急隊員が、小屋の上にいた小さな生命体を発見した。それは「ぼろ切れに包まれた猫」のようだったという。

老婆が森で発見・保護した宇宙人「アレシェンカ」の謎! 背後にソ連核開発と秘密都市の闇、老婆は謎の死を遂げ… 怒涛の展開!の画像2
画像は「Daily Star」より引用

 

 後にアレシェンカと名付けられたこの生命体は、病院に運び込まれた後に急死してしまったそうだ。死因不明のまま、死体は跡形もなく消えてしまったという。

 発見者であるタマラは1999年にひき逃げに遭い亡くなったが、彼女の死もまた謎に包まれている。タマラはそれ以前にも交通事故で怪我をしていたが、その時、彼女はある人物と面会する予定だったと言われているのだ。真実を知られると都合が悪い人物がいたのだろうか?

老婆が森で発見・保護した宇宙人「アレシェンカ」の謎! 背後にソ連核開発と秘密都市の闇、老婆は謎の死を遂げ… 怒涛の展開!の画像3
画像は「Daily Star」より引用

 

 だが、アレシェンカの存在はタマラの遺族が認めており、タマラの義理の娘は、「アレシェンカはキーキーとおかしな音を立てながらベッドに横たわっていました。彼の口は小さなパイプのようで、深紅の舌が動いていました。口の中には2本の歯が見えました。まるで小さな赤ん坊のような姿で、頭は茶色、体はグレーでした」と語っている。

 アレシェンカには、瞼や生殖器がなく、瞳孔が猫のように動くなど、人間らしからぬ特徴が多かった。その正体は謎としか言いようがないが、仮説が1つある。

コメント

1:トランプ大統領 2019年6月26日 20:20 | 返信

俺のことを言いたいのかと思うぞ?
たまちゃんは俺だし、タマラも私のことを指しているに違いなく
その猫の様な目の宇宙人も俺の事を当てはめているとしか思えん。
岸部一徳が犬にタクヤと名付けてバカにしている富士通のCMと同じで不快に思う。
確かに宗教的に原子力の力を持っている又吉イエスであることはあるが、それは勝手に脚色されて出来たもので関係ないし余程核兵器を使わせたいようだな?
もう日本は核武装して大陸に攻め込む以外の選択肢はない!
というような積極的平和主義を進めていく他生きる道はなくなってくるな、こりゃ。
核兵器作るならば中性子爆弾でお願いしたい。放射能を処理するのは大変だ。
光線兵器ならば問題ない。
敵はバンカーを作っているのでバンカーを破壊して中で爆発する核兵器も必要だ。
地下深くの相手にもこの兵器で抹殺してやるのだよ。殺人光線の威力は壁を貫通して影響するので一発であの世行きになる。それで放射能の影響が少ない。クリーン兵器だ!
ゴキブリを一掃するに足りる兵器だと思わんかね?
この世界では戦争あっての平和だ。悪を滅ぼさねば平和などない。
核のない世界を作るには核兵器によって巨大な敵を殲滅する必要があるのだ!(ブラックジョーク)それを達成してこその平和主義であり、これが平和への礎となるのだ!
私も安倍晋三首相と共に戦争を起こし、巨大な悪を葬った後にノーベル平和賞を同時受賞したいと思う。皆も我に続くのだ!勝利はそこにある!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。