米国防総省の元高官がテレビでUFO機密を続々暴露! AATIP計画の真実に全米騒然、UFO=エイリアンの乗り物ではなく…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

 5月31日、米ヒストリーチャンネルでUFOに関する新たなシリーズ『Unidentified: Inside America’s UFO Investigation』(全6話)が放映を開始した。2017年に暴露された米国防総省のUFO調査計画を暴露する内容で、海外のUFOマニアから熱い視線が注がれている。

米国防総省の元高官がテレビでUFO機密を続々暴露! AATIP計画の真実に全米騒然、UFO=エイリアンの乗り物ではなく…!?の画像1
画像は「History Channel」より引用

■暴露の中心人物が登場!

 このたび新たに始まった同シリーズ番組では、米国防総省の元高官ルイス・エリゾンド氏が、自らが過去に関わったUFO調査計画を暴露する内容となっている。

 エリゾンド氏は2017年12月、米国防総省で極秘計画AATIP(Advanced Aerospace Threat Identification Program)に関わっていたと暴露し、世界的に大きな話題となった人物だ。計画は2007~2012年まで続き、米政府から2200万ドル(約24億円)の予算がつぎこまれ、UFOの正体やその危険性について調査・検討されたという。エリゾンド氏によれば、現在の技術では不可能な超高速で飛行したり、エンジンも翼もない奇妙な形をしていたりする正体不明機の報告があったとのことだ。

 エリゾンド氏はUFO問題に対するオープンな議論を求めており、ペンタゴンや政府は情報を開示して議論を促すべきと主張している。今回の番組ではエリゾンド氏の他、同じくUFO情報開示に向けて活動する「To The Stars Academy」主催者のトム・デロング氏や、ペンタゴンの元高官クリス・メロン氏らが出演する。番組では新たに公開された情報や動画、目撃者の新証言などが取り上げられる予定だ。

コメント

9:匿名 2019年6月4日 18:16 | 返信

結局何なの?

8:7へ 2019年6月4日 12:53 | 返信

現象を説明しているものは『モノサシ』です。
モノサシについて有る無い正解不正解知ってる知らないとは言いません。
モノサシとして使えるか使えないかです。
モノサシは使う目的が先にあります。
ただ、それが伝達不可能なのです。

7:匿名 2019年6月4日 08:15 | 返信

5
一例をあげるならば、以前に地球は平面説があり、それを誰も疑いませんでした。地球が球体説をあげようものなら昔なら火炙りの計に処せれました。
しかしいつごろからか地球が球体説が当たり前となりましが、昨今また『地球は実は平面だったんじゃないのか?』とまた地球は平面説が浮上してきました。そしてそれを確かめようという者まで現れ始めました。
太陽は非常に高温でその熱が地球にも届いていると中学だったか小学だったかで習いましたが、昨今『実は平温だったのでは?』などとささやかれています。
古いボードゲーム(チェスなど)においても何か戦法が確立されてもそれを打破する戦法が開発されまたそれをまたそれをの繰り返しで、『ずいぶん昔に確立された古くさい戦法がまた取り上げられることなんて往々にしてある』のです。
ようするに何が言いたいかというと『我々は何かを知っているように見えて実は何も知らず知っているフリをしている』のではないかということです。
この世における数千、数万という無数の書籍に目を通し、真実や真相などを声高に連呼するような人たちに限って『本当は何も知らないのでは?』と思えることが多々あります。
そういう人たちに限って非常に頭も固く、確証バイアスが強すぎて議論にすらならないことが大半です。この手人たちは自分を否定されることに我慢ができないようなのです。したがって『新しい考え方や方法が見つかっても目も向けない』ことがほとんどです。
何度も言いますけど『私たちは知ったかぶりをしているだけに過ぎず、本当は何も知らないのでは?』と問うているのです。

6:匿名 2019年6月4日 03:24 | 返信

ゲームのやり過ぎだよ

5:4へ 2019年6月4日 01:25 | 返信

信じる信じないの話ではありません。
感じるか感じないかの問題です。って言うと個人の話になりそうですがそうではありません。
個人も社会と繋げる事で説明できるように、我々の認知も関係性の中でしか説明できません。
有るか無いかとかではなく、その有るや無いをどのように確定しているか、そこが謎、というより伝達が不可能なのです。
それを前提とした上で、『感情』という誰もがイメージできる言葉を選びました。

4:匿名 2019年6月3日 21:52 | 返信

3
地球も宇宙もマトリックスで存在していない説を信じていらっしゃるのでしょうが、あの話もいったいどこまで本当でどこまで嘘なのか誰もわからないでしょう?
私も半分ほどしか信じていません。そもそも確かめることもできません。すべてが幻覚ならば確かめようもありません。
どこぞの識者もあの話は半分くらいしかおそらく正解はないと言っていますよ?

3:匿名 2019年6月3日 20:18 | 返信

答えを言います。
まず宇宙や現象の前に我々がどのようにそれらを認識しているのかが謎です。
それを前提とした上で。
UFO、UAP関連の正体は、あえて日常的な言葉で、『感情』です。
我々に元々インストールされた目的みたいなものです。
さらに我々が向かう先は地球の外でも内でもありません。
分かる人にはこの表現で分かるでしょう。

宇宙人でも発言しやすい環境になってきました。
言葉をこれだけ増やすのにどれだけの時代を経たことか。我々宇宙人にとって一番大切なのは『言語空間』なのです。

2:匿名 2019年6月3日 19:21 | 返信

UAP=空を飛ぶ正体不明の飛行体ではなく
未確認飛行現象ではないですか?
飛行体ではUFOからUAPに変えた意味がありません。

1:匿名 2019年6月3日 19:03 | 返信

トランプも商人だし超権力を持ってる奴等も自分らがわざわざ不利になろうとはしない
公表する事で優位な状況になれるまで不可能なんだろう
第三次大戦かシンギュラリティーの行く末次第

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。