「被害者遺族への取材」が嫌で異動願いを出す新人記者多数!? 精神を病む者も…「今のお気持ちは?」は誰も言いたくなかった

関連キーワード:

,

,

,

 

「被害者遺族への取材」が嫌で異動願いを出す新人記者多数!? 精神を病む者も…「今のお気持ちは?」は誰も言いたくなかったの画像1


 悲しい事件が相次いでいる。東京池袋では親子が暴走した自動車に衝突されて死亡し、滋賀県大津市では保育園児が犠牲に、神奈川県川崎市ではスクールバスを待っていた小学生や保護者が犠牲になっている。

 いずれも幼い命が失われており、これ以上続かないことを祈るばかりだが、一方で猛烈な批判を浴びているのがマスコミだ。加害者ではなく被害者遺族への取材を重ね、悲しみの中で追い込むような姿勢がバッシングされている。このような声を受けて報道現場で働く方々に話を聞いたところ、新人記者は特に精神を病むなど、そこには苦悩と意外な現実が見えてきた。

「いわゆるメディアスクラムというものは昔から存在しますし、加害者には取材できないのでおのずと被害者から情報を得ようとマスコミが集中するのは昔から続いています。しかし、特に最近は批判の声も多く、マスコミも苦悩しながら現場に向かっているのが現状です。特に記者やカメラマンも子供がいますので、お子さんを失った親御さんに『今のお気持ちは?』などと取材なんかしたくありません」(テレビ局報道記者)

 喜び勇んで現場に向かっているかと思いきや、どうやら後ろ向きの気持ちを抱えているようだ。

「正直、現場の記者の中で被害者遺族のコメント取りは最もやりたくない仕事です。何度も経験すると精神がおかしくなるので順番に回していますが、最近みたいに悲劇が続くと連続して担当させられることもあり、社に戻って泣いている記者もいます」(同)

関連記事

    「被害者遺族への取材」が嫌で異動願いを出す新人記者多数!? 精神を病む者も…「今のお気持ちは?」は誰も言いたくなかったのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

    トカナ TOCANA公式チャンネル