【歌舞伎町発砲事件・阿部勝】シャブ漬けの女性をめぐるトラブルに端を発した怨恨か!? ヤクザ抗争は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 今年1月21日午後6時半ごろ、新宿・歌舞伎町のカラオケ館で指定暴力団住吉会系元組員が射殺された。警視庁は指定暴力団住吉会系三次団体元組員で、住所不定・職業不詳の阿部勝容疑者(56)を殺人・銃刀法違反などの疑いで全国に指名手配していたが、7月11日午後6時32分、東京都江戸川区内の駐車場で逮捕・身柄を拘束し、捜査本部のある警視庁新宿署に護送した。

画像は、警視庁が公開した阿部勝容疑者

 阿部容疑者は容疑を認めており、逮捕時には犯行に使った拳銃を所持していた。

 阿部容疑者は犯行後、警察で全国指名手配されたほか、所属していた組織からの出頭要請にも応じずに処分を受けている。

 警視庁は、阿部容疑者の所属していた上部組織など関係各所のガサ入れを何度も行い、その足取りを追っていた。さらに、末端組員の摘発をはじめとして、阿部容疑者の所属していた組織・向後睦会に対しての締め付けも徹底的に行っており、住吉会委員長補佐という要職を務めていた向後睦会の理事長を、6月10日に恐喝の疑いで逮捕している。

コメント

1:匿名 2019年7月12日 19:08 | 返信

ここは被害・加害者の通名だけではなく本名もださな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。