グーグルマップで“エリア52”が激撮される! 意図的なボカし、相次ぐUFO目撃… “51”から移設した宇宙人技術研究所の全貌とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
画像は「getty images」より引用

 トカナでもお伝えしているように、「エリア51急襲計画」が全世界的に話題になっている。だが、本当にUFOやエイリアンはエリア51にあるのだろうか?

 かつて、グルーム・レイク基地(エリア51)でUFOの推進装置を研究していたと暴露したことで知られるボブ・ラザー氏によると、「エリア51にUFOはない」という。オルタナティブニュース「Mysterious Universe」(7月19日付)が報じている。

「エリア51にはエイリアンもエイリアンのテクノロジーもありません。それらがかつてあったのは“サイトS4”です。エリア51の南にあります。ただ、これは30年前の話ですから、S4はすでに移動されたか、エイリアンのテクノロジーを研究する施設としてはもう使われていないでしょう」(ボブ・ラザー氏)

 となると、エリア51急襲計画はまったくの無駄足になる可能性もあるが……。

 では、UFOを始めとする宇宙人の技術は今どこで研究されているのだろうか? その最有力候補の1つが「エリア52」である。グルーム・レイクの北東部、車で7時間ほどの場所にある。エリア52とは通称であり、正式には「Dugway Proving Ground」と呼ばれる米軍の生物兵器・化学兵器の実験場だ。

画像は「Alien UFO Sightings.com」より引用

 この場所にUFOがあるとする証拠も見つかっている。

 UFO情報サイト「Alien UFO Sightings.com」によると、エリア52を撮影したグーグルマップの衛星写真に加工が加えられていたという。格納庫らしき建物の横に乗り物らしき物体が見えるが、それに意図的な“ぼかし”がかけられていたのだ。発見者のタイラー・グロックナー氏は、「機密の飛行機」だと確信していると話している。

コメント

1:匿名 2019年8月1日 17:39 | 返信

ここで使われている空港の写真は、Tonopah Test Range Airportのものですね。
Dugway Proving Groundとは別の場所です。
 

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。