ペニスが骨になる奇病・陰茎骨化の患者が発見される! 過去40例、激レアな股間を手に入れた男が医者の忠告を無視し…!

関連キーワード:

,

,

,

ペニスが骨になる奇病・陰茎骨化の患者が発見される! 過去40例、激レアな股間を手に入れた男が医者の忠告を無視し…!の画像1
画像は「Science Alert」より引用

 信じられない理由からペニスがガチガチになってしまった男性が発見された。

 科学ニュース「Science Alert」(8月14日付)によると、異変が発見されたのは、腰を打って病院に運び込まれた63歳男性。左ひざの痛みを訴えての来院だったが、レントゲンに写ったのは医師も予想しなかった光景だった。

 なんと、ペニスが石灰化、つまり骨化していたのだ。この病気は陰茎骨化症と呼ばれ、かなり珍しいものだという。ヒトのペニスには陰茎骨が無く、海綿体が充血して勃起することで硬さを持つ。本来ならば骨などあってはいけないのだ。

ペニスが骨になる奇病・陰茎骨化の患者が発見される! 過去40例、激レアな股間を手に入れた男が医者の忠告を無視し…!の画像2
画像は「Science Alert」より引用

 ところで、63歳ともなればED(勃起不全)に悩むお年頃。骨によってペニスが硬くなるなら、それは結果オーライではないのだろうか?

 ところがそうもいかないようだ。現在のところ男性は軽い痛みしか感じていないとのことだが、症状が進行すると、ペニスの柔軟性が失われ、むしろ勃起不全を引き起こすという。

 つまるところ治療を要する病気であるが、なんとこの男性、医師の忠告を無視して退院してしまったというのだ! 一体何を考えているのだろうか? 手遅れになる前に病院に戻ってほしいものだ。

 陰茎骨化症が初めて記録されたのは1827年と意外と古い。だが、これまでに40件ほどしか報告されていない、非常に珍しい病気だ。

 治療法としては、痛みに対しては鎮痛剤で対応し、耐えられないほどの痛みや勃起不全がある場合は手術を行うという。

 実は陰茎骨化症は老齢の犬によく見られるそうだ。しかし多くの動物はそもそも陰茎骨を持っているので大きな問題にはならない。

ペニスが骨になる奇病・陰茎骨化の患者が発見される! 過去40例、激レアな股間を手に入れた男が医者の忠告を無視し…!の画像3
画像は「getty images」より引用

 陰茎骨のない人間が陰茎骨化症になるのは、ある種の進化論的な退化だと見る向きもあるが、人間の体はそもそも骨のないところに病理学的な理由で骨や軟骨を形成してしまうことがあるという。

 スマホの使いすぎで人間の後頭部に角が生えてきていることはトカナでも報じたが、この角は俯いた状態で頭部を支えるために形成されたものだと考えられている。

 この線で考えると、陰茎骨化症の人はどれほどペニスを酷使しているのかという話にもなりそうだが、病理学的な理由は他にもあるだろう。

 とにかく、ペニスに違和感を感じたらすぐに医療機関に行き、医師の話をしっかり聞いて治療に臨みたい。

参考:「Science Alert」、ほか

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ