【取材】肌の色を消す「漂白クリーム」、アフリカで流行する粗悪品がやばい! 顔が凸凹、皮も全て剥け…医者「一生治らない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 サハラ砂漠以南のブラックアフリカで「肌の色を薄くする」という漂白クリームが爆発的に広まっている。このクリームは歯磨き粉のようなチューブなどに入っており、1日2〜3回塗ることによって数週間で肌の色が薄くなるという。だが、これがキワモノなのだ。

 アフリカ各国では、肌の色がより薄い方が美しいとされている。そのため女子高生から結婚適齢期の女性の多くが愛用している。ところが、高級品になると100ドル(約12,000円)近くになるものもある。このようなことから、1カ月の給料が1万円にも満たない国では、2千円から3千円の商品が売れている。確かに安いものは、それだけ入手しやすいが粗悪品も多い。それを塗ったことによって、信じられないようなケースが多発している。

 

「塗り始めてから2週間くらい経った頃です、顔全体に吹出物ができてしまいました。寝られないほど痒くなり、掻きむしっているうちに出来物が膨れ上がってしまいました。もう顔全体が凸凹になってしまって、触るだけで痛いんです。医者に行って診てもらったのですが、『もう一生治りませんよ。粗悪品には手を出さない方がいいです』などと言われました。もう結婚できないかも知れません。後悔しています」(コンゴの首都・キンシャサ在住の女性。20歳)

 アフリカ大陸の中央部分に位置するコンゴでは、30年くらい前から漂白クリームが使われている。ビジネス目的などで当地に滞在している白人が利用するスーパーマーケットで売られているだけではなく、高級品を並べている化粧品店でも扱っていた。当時は、大きな問題になることはなかったが、それはまだ一般市民にとって高嶺の花であり、一般的でもなかったからだ。このようなものを一般市民が買うようになったのは、マイケル・ジャクソンの妹であるジャネット・ジャクソンが世界的に注目されるようになってからのことだ。

 1989年にアルバム『リズム・ネイション 1814』がリリースされるとジャネットはスターダムにのし上がった。それとともにジャネットの知名度は上がり、ブラックアフリカで暮らす女性たちにとって羨望の的となった。そして、兄であるマイケル・ジャクソンの肌の色が次第に薄くなっていくことにより、漂白クリームの魅惑が広がった。今日、ブラックアフリカで広がっている漂白クリームは、中東から持ち込まれているものがそのほとんどを占めるという。チューブの裏には、どの国で作られたかが明記されていないものも多い。書かれていたところで信用もできない。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年9月9日 04:38 | 返信

写真ないじゃん

1:トランプ大統領 2019年9月7日 23:14 | 返信

そんなバカな話があるのか?嘘くさい。
どうなったのか映像も写真もないなんてチョンの捏造としか思えん。
肌の色が薄いだけで、いじめられたりするらしいからな。
黒すぎてもいじめられるんだとか。丁度いい黒さが必要なんだよ。
色薄くするんだったら体洗って清潔にして日に当たらなければ色薄くなっていくし、突然変異でないのに色が白かったら変だろ。マイケルジャクソンじゃないんだから。
不細工が整形して成りすましてんのと同じだからやめるべきだね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。