【実録】遺骨とコンクリで作られた「骨仏」を取材! 骨仏の裏側には、無数の骨壺や遺骨が放置され…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

,

「人は死ぬと墓に入る」という観念をくつがえす葬法がある。北海道から九州にかけて、全国40カ所あまりの寺には、亡くなった人たちの遺骨を集めて練造された骨仏が奉安されている。

 

 一口に骨仏といっても、練造方法は様々だ。コンクリートと遺骨を混ぜ合わせて造られたもの。石膏と遺骨を混ぜ合わせて造られたもの。セラミックスと遺骨を混ぜ合わせて造られたもの。古いものになると、粉末状の遺骨をにかわなどに混ぜて木像に塗ったものがある。

 亡くなった人の遺骨を使って骨仏を造ることには、大きく分けて2つの意味がある。そのひとつは、骨仏を拝むことで、仏さまを礼拝することができること。もうひとつは、亡くなった人たちの供養になるということだ。意外と知られていないことだが、日本では、戦前から各地で骨仏が作られている。

 JR・美幌駅(北海道・網走郡美幌町)近くにある墓地の脇には、1700体あまりの残骨から造られた骨仏が奉安されていた。骨仏には、袈裟のようなものがかけられ、トタン板に囲まれた建物の中に鎮座していた。建物の周りには、お地蔵さまが並べられていた。昭和12年に完成したもので、城地喜作という人によって造られている。しかし、老朽化のため取り壊されてしまった。

「ある日突然、大型の重機がやって来ると、仏さまを壊し始めたのです。あの仏さまは、戦前からありますが、聞くところによると、亡くなった人の残骨で造られたものだったと思います。火葬場で残った骨片や灰をコンクリートか何かに混ぜて造ったものだったはずです。私も子どもの頃から、この辺でよく遊んでいました。全然怖くなくて、年配の人からは、『仏様が見ているから悪いことしたらダメだよ。ゴミはちゃんと家まで持って行きなさいよ』なんて言われたものです。それにしても罰当たりではないでしょうか? 最後は、産廃業者に引き取られたみたいですよ」(美幌町に住む60代の男性)

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。