【決定版】蚊に刺されやすい人の”本当の特徴”5つが判明! 血液型、食事、仕草…アナタばかり刺される理由とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 今年の夏は何回、蚊に刺されただろうか。夏祭りや花火大会でどういうわけか自分だけ蚊に刺されていると嘆く声もあるかもしれない。それもそのはず、そこには蚊に好かれてしまう確たる理由があったのだ。

■蚊にまつわる5つの真実

【決定版】蚊に刺されやすい人の本当の特徴5つが判明! 血液型、食事、仕草…アナタばかり刺される理由とは!?の画像1
ロナルド・ロス 画像は「Wikipedia」より

 イギリスの内科医であるロナルド・ロス(1857-1932)はインド医務官の職にあった1881年から1899年の間にマラリアの研究を行い、メスの蚊が人間へのマラリア感染の媒介になっていることを発見した。この発見が1898年8月20日だったことから、毎年8月20日は“蚊の日”として世界中で蚊がフィーチャーされている。

 世界では今でも蚊が媒介する感染症で多くの人命が失われており、この事実を無視することはできない。一説では世界中の感染症の17%は蚊を媒介にしているともいわれており、決して蚊をあなどってはいけないのだ。そして、そうであるからこそ我々は蚊についての“真実”をもっと知っておくべきなのだろう。

 実際に蚊は我々が考えているよりも知的でスマートな生き物であるが、そんな蚊の卓越した能力に人類が気づかされたのは最近になってのことである。そこで“蚊の日”にもちなんで世界最大のテックサイト「Mashable」の最近の記事で、蚊についての“真実”を特集している。

【決定版】蚊に刺されやすい人の本当の特徴5つが判明! 血液型、食事、仕草…アナタばかり刺される理由とは!?の画像2
「Mashable」の記事より

1. ニオイを嗅いでいる

 カナダ・ウォータールー大学の研究チームによれば、蚊はニオイを感じて吸血の対象となる“ターゲット”に引き寄せられているという。

 特に二酸化炭素を敏感に感知し、なんと100メートル先からでも二酸化炭素の発生源を特定して近づいていくということだ。もちろん我々の呼吸で放出される二酸化炭素も鋭敏に察知して寄ってくるのである。言うまでもなく、身体が大きくて呼吸の容量が多い者ほど蚊を引き寄せることになる。


2. O型の血をより好む

 同じ場所でどういうわけか自分だけ多く蚊に刺されているという人はO型の可能性が高い。蚊はO型の血液を好むのである。

 蚊は血中タンパク質を欲して血液を吸いにくるのだが、O型のタンパク質をある意味で“テイスティング”できるのである。O型の人々は蚊に好かれやすいのだと腹をくくるしかなさそうだ。

【決定版】蚊に刺されやすい人の本当の特徴5つが判明! 血液型、食事、仕草…アナタばかり刺される理由とは!?の画像3
画像は「Wikimedia Commons」より

3. 蚊は目が悪い

 鋭敏な“嗅覚”を持っている蚊だが、視力のほうはそれほどでもなくむしろ悪い。

 蚊は単眼(ocellus)と呼ばれる単純な構造の目を持っており、全方位を見渡すことができるものの、認識できる視覚情報は断片的で奥行きがない。それでも鋭い嗅覚と組み合わさることで、ナビゲーションシステムとしては優秀なものになる。

コメント

6:匿名 2019年9月6日 10:15 | 返信

時代によって変化しない枯れた知識
つまり正確な定説ということやんケ。

5:匿名 2019年9月6日 09:28 | 返信

かなり昔、数十年間に聞いた話と寸分違わぬ内容だな。記事数稼ぎするなよ。

4:匿名 2019年9月6日 03:45 | 返信

これ他の血液型の人は感謝してほしい。
感染症リスクを体張って負ってるんだから。
俺は吸われているときも、これで犠牲者が一人でも減るならって満腹まで吸わせてるよ。

3:匿名 2019年9月5日 15:06 | 返信

情報が古くさい。バカじゃあねーの?

2:匿名 2019年9月5日 10:11 | 返信

小学生か中学生かの研究でO型の人の足の臭いに寄って来るって言ってたな。 O型の人に繁殖しやすい菌か何かの臭いだったような…。

1:来年のオリンピックは日本と日本人を象徴するオリンピックとなるだろうw 2019年9月5日 09:45 | 返信

、、、

一部の人たちは蚊に刺されないと聞いた。体質なのかどうかはわからない。
習慣的に食を抜いている人は刺されにくいとも聞いた。
よって習慣的に意図して食を抜いてるタモリは刺されない!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。