【京急脱線】今年、神奈川ばかりで鉄道事故が連発している怪! ”3の倍数月”に事故発生… 数字に異常な偏り!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

【京急脱線】今年、神奈川ばかりで鉄道事故が連発している怪! 3の倍数月に事故発生… 数字に異常な偏り!の画像1
画像は「ANNnewsCH」より引用

 5日午前11時40分ごろ、青砥発三崎口行きの京浜急行の電車が、横浜市神奈川区の京急本線「神奈川新町第一踏切」でトラックと衝突、横浜市消防局によると、30人が重軽傷を負ったという。

 航空写真を見てみると、第一車両が大きく脱線し、黒く焦げた車体が横倒しになっている。衝突したトラックも大破しており、衝撃の大きさを物語っている。ただ横転を免れたのは不幸中の幸いだ。これは先頭車両の重量を重くして脱線時の横転を防ぐ京急電鉄の安全対策が功を奏した結果だろう。

 ところで、神奈川県と言えば、今年6月の横浜市営地下鉄ブルーライン脱線事故が記憶に新しいが、運輸安全委員会が発表している「鉄道事故の統計」によると、今年に入って運輸安全委員会が調査に乗り出した重大事故が神奈川県で頻発しているのだ。

 全13件中、神奈川県は4件、今回の事故を含めると5件(14件中)。全国的に見て多すぎる件数だ。さらに2018年、2017年は運輸安全委員会が調査に乗り出した神奈川県での事故は0件であるから、その異常さがより際立っている。

【京急脱線】今年、神奈川ばかりで鉄道事故が連発している怪! 3の倍数月に事故発生… 数字に異常な偏り!の画像2
画像は「運輸安全委員会」より引用

・2019年06月19日:(列車脱線事故)小田原線 本厚木駅~愛甲石田駅間[神奈川県厚木市] 本厚木13号踏切道(第1種踏切道:遮断機及び警報機あり)

・2019年06月06日:(列車脱線事故)1号線(ブルーライン)下飯田駅構内 [神奈川県横浜市]

・2019年06月01日:(鉄道人身障害事故)金沢シーサイドライン 新杉田駅構内 [神奈川県横浜市]

・2019年03月21日:(踏切障害事故)横須賀線 逗子駅構内[神奈川県逗子市] 山の根踏切道(第4種踏切道:遮断機及び警報機なし、大船駅起点8k799m)

 一体、神奈川県の鉄道に何が起こっているのだろうか……? しかも、データだけを見ると、”3”の倍数月に発生する確率が高い。このままいくと、12月にも起こるということになるが……。

 いずれにしろ、京急電鉄には2度同じ事故が起こらないように、徹底した原因究明をしてもらいたいものだ。そして何より、負傷した方々の早期回復を心より願いたい。

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ