失笑恐怖症や会食恐怖症だけじゃない「世界の仰天すぎる恐怖症5選」! 太陽光でパニック、体を洗えず死んだ少年も…!

失笑恐怖症や会食恐怖症だけじゃない「世界の仰天すぎる恐怖症5選」! 太陽光でパニック、体を洗えず死んだ少年も…!の画像1イメージ画像は「Getty Images」より引用

 誰もが一つは「怖いもの」「嫌で嫌でたまらないもの」を抱えているが、その恐怖心や不快感がエスカレートしてしまい、不快感やめまい、吐き気を感じるなど精神的・身体的な不調が現れ、日常生活に支障をきたすようになってしまう人々もいる。そのような恐怖症の対象は、高いところや狭いところ、クモやヘビ、雷など、一般にも共感しやすいものだけではない。

 1月22日(火)21時から日本テレビ系列で放送される「ザ! 世界仰天ニュース」では、様々な恐怖症が取り上げられる。番組で取り上げられるのは、日本でも比較的身近な「失笑恐怖症」、「会食恐怖症」などの症例のようであるが、世界には信じられないような恐怖症も存在している。今回は、そんな珍しい恐怖症5例を過去の記事からご紹介しよう。

(編集部)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 一人の力では克服が難しいさまざまな恐怖症。高所恐怖症や閉所恐怖症など、何かしらの恐怖症を抱えながら生活を送る人は少なくない。しかし中には、恐怖症に人生を大きく狂わされてしまう人も……。今回は、実際に発症例のある珍しい恐怖症5選を紹介しよう。


■接触恐怖症

失笑恐怖症や会食恐怖症だけじゃない「世界の仰天すぎる恐怖症5選」! 太陽光でパニック、体を洗えず死んだ少年も…!の画像2画像は、「Photojournalism Now」より

 毎朝、満員電車に乗り込み会社に出勤する日本人にとって、狭い電車の車内で他人の体と触れ合うことは日常茶飯事だ。しかし、世の中には「接触恐怖症」を発症し、他人の体に触れることに恐怖を感じてしまう人もいる。接触恐怖症の対象は、特定の性別(主に異性)から全人類までと幅広く、他人との接触には強烈な痛みを伴うこともある。米国に暮らす23歳の男性の場合、他人が肌に触れるたびに痛みを感じていたという。接触恐怖症の発症には、性的暴力などのトラウマが起因しているとの説もあるが、原因がわからず発症する場合がほとんどのようだ。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

失笑恐怖症や会食恐怖症だけじゃない「世界の仰天すぎる恐怖症5選」! 太陽光でパニック、体を洗えず死んだ少年も…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで