「私は消える」「全てが新たに動き出す」謎のメッセージとともに失踪した債務者! 不動産執行人が遭遇した”忘れられない不思議”とは?【事故物件】

 テレホンカードは添えられているものの、電話番号や連絡先を記したものは見当たらず、“会長”とされる人物を示すような団体名の記載もない。

「これ……自動的に電話がかかるヤツですかね?」

「たぶんそうだと思いますよ」

 このテレホンカードが、磁気記録された番号へと自動的に電話を繋げる「オートダイヤルカード」である可能性を誰かが口にし、誰かがそれに相槌を打った。

「私は消える」「全てが新たに動き出す」謎のメッセージとともに失踪した債務者! 不動産執行人が遭遇した忘れられない不思議とは?【事故物件】の画像4
画像は「getty images」より

「かけてみますか?」

「いや……」

 しばし沈黙が流れた。

 そこにいる全員が「これを使うことで何が“新たに動き出す”のか」気にはなっていたのだが、「私は消える」という一連のメモ書き、テレホンカードといった類は元の位置へと戻され、そのまま競売に向けた手続は進められることとなった――。

 競売落札者が我々と同じように仕事として「不思議」と向き合うブローカーであった場合、仮にこのメモ書きに気がついたとしても、すぐさまゴミ袋へとノールックシュートを決めてしまうことだろう。

 これに対し競売落札者が我々のような価値観ではなく「不思議」に対して“興味”を持って向き合うことのできる人物だった場合はどうだろう。

 あのテレホンカードが使われることになるのだろうか。

 あのテレホンカードが落札者を「(会長)本物」へと繋げた時、債務者の行方が掴め、“全てが新たに動き出す”ことになるのだろうか……。

文=ニポポ

暗黒物件シリーズまとめ読みはコチラ

【ニポポ(from トンガリキッズ)】
2005年「トンガリキッズ」メンバーとしてスーパーマリオブラザーズ楽曲をフィーチャーした「B-dash!」のスマッシュヒットで40万枚以上のセールスとプラチナディスクを受賞。その後は潜入ライターとして、北朝鮮やカルト教団施設などの潜入ルポ、昭和グッズ、珍品コレクションを披露するイベント、週刊誌やWeb媒体での執筆活動、動画配信でも精力的に活動中。
Twitter:@tongarikids
オフィシャルブログ:団塊ジュニアランド! (http://dankaijr.com
動画サイト:超ニポポの怪しい動画ワールド!(http://ch.nicovideo.jp/nipopo

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ