不動産執行人は見た! 死人・ゴミ屋敷だけじゃない精神的瑕疵物件の実態!

――DV・自殺・暴力団・宗教・統合失調症…事故物件よりも鬱になる「暗黒物件」の闇を“不動産執行人”ニポポが語り尽くすシリーズ…!(これまでの過去記事はコチラ

不動産執行人は見た! 死人・ゴミ屋敷だけじゃない精神的瑕疵物件の実態!の画像1
画像は「getty images」より引用

 人の死が絡む物件、動物が虐待された痕跡のある物件、ゴミ屋敷に廃屋…。

 週末にはホームパーティーを開催したくなるような憧れのマイホームとは程遠い物件ばかりを日頃から目にしているため、一般的に「精神的瑕疵(せいしんてきかし)」と呼ばれる、“この物件なんとなく嫌だ!”という精神的なものからくる「瑕疵」についてあまり共感が持てない。

 人の死が関連する物件、見える人には見えるらしい“幽霊が出る”という物件、ゴミ屋敷といったよくある事例に関しては、ある程度の割引率が既に決まっており、それを機械的に適用するだけだ。

 不動産業者目線で言わせてもらえば、精神的な瑕疵だけで物理的な瑕疵もなく値段が下がるのであれば、これほどありがたいお買い得物件はない。

 それでももちろん気になる人には、気になって仕方がない“らしい”。

「らしい」とはしたが、我々のように不動産の執行や取引に関わるものなどが主張する「気にしない」という見解のほうがマイノリティとなり、「気になる」とする感覚の方がマジョリティになっているため価格も変動している“らしい”――。

 さて、今回ご紹介したいのは、この「精神的瑕疵」として少々判断の難しかった事例。

 都内主要駅へのアクセスもよい最寄り駅から徒歩15分以内という好条件。

 新しく開発された新興住宅地のため、その一角だけが真新しい町並みとなっている。

 そんな真新しい新興住宅地の角地に佇む、ドールハウスを実寸大にしたような建売住宅が今回の当該物件。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

不動産執行人は見た! 死人・ゴミ屋敷だけじゃない精神的瑕疵物件の実態!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル