【ヤクザ】米国を仕切るユダヤ系カジノ王 VS ハマのドンの仁義なき戦い勃発! IR誘致めぐる”どこも報じぬ抗争”がヤバすぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6


 ヤクザか、米国か――。

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を巡り、横浜市の林文子市長と、「ハマのドン」こと藤木幸夫横浜港運協会会長が対立している。ただ、各メディアはいずれもこの戦いの最深部には触れようとしない。表面的には「山下ふ頭を博打場にしてたまるか」「我々が横浜を守る!」と浪花節をぶつ藤木氏と、冷酷にIR誘致を進めようとする市長&官邸とのバトルに映るが、ことはそう単純ではない。


 横浜市の林市長はこれまでの方針を撤回して、IR誘致に舵を切った。うしろに控えるのは、同じ神奈川県が選挙区の菅義偉官房長官と言われているが、その菅氏も「1度はIR誘致を断念している」(政界関係者)。それをひっくり返すよう〝圧〟をかけたのは、米国だ。ドナルド・トランプ米
大統領の最大スポンサーは、ユダヤ系で米やシンガポールでカジノを展開する「ラスベガス・サンズ」のシェルドン・G・アデルソン氏。同氏は大統領選に2000万ドル、大統領就任式に500万ドルを献金している。サンズが新たな市場として目を付けたのが〝未開の地〟日本で、サンズ側はトランプ大統領を通じて、日本の安倍晋三首相に要望を伝えたという。

 横浜市がIR誘致を表明した先月22日、サンズはホームページ上で「大阪でのIRは追求せず、東京と横浜での開発機会に注力する」と発表。政界関係者は「これをされては後には引き返せない。失敗すればトランプ大統領のメンツを潰すことになるため、官邸はなりふり構わず、IR実現に向けて動くだろう」と話す。

コメント

6:匿名 2019年9月16日 01:39 | 返信

国のお金は有効に使おう。雨のアツなどに負けるな。金の亡者の短い歴史集団。日本医は古来から日本なりの国のかたち、ありようがある。連中の寄生的さすらい人とは違う。

5:匿名 2019年9月13日 15:53 | 返信

ギャンブル依存症対策として、上限金額を事前に設定する方法が考えられているけど、自分自身が依存症なると事前に考える人は少ないだろうから、予防にはならないだろうね。
それに、
上限金額を自分で決めるとなると、自分に甘い人にはだめだろうし、家族が決めるとなると、家族を脅迫するとか、家族に成りすましてとかで、上限金額を引き上げるだろうし。
例えば、
「ギャンブルで使える上限金額は、納税額と同じとする」という法律にすれば、無理のない上限金額になるのではないかな。
所得税だけでは上限金額が少ないということであれば、キャッシュレス決済などから、消費税、ガソリン税、酒税などのデータも国が自動的に集計する(税金還付があれば上限金額の減額もあり)仕組みにすればいい。
そうすれば、
依存症や自己破産などを防げるだけでなく、カジノで使う上限金額を増やしたいお金持ちが、節税をしなくなって、税収が増えるかもよ。

4:匿名 2019年9月13日 02:40 | 返信

日雇い作業員が6000円の入場料払ってカジノに興ずるのかい?という疑問はあるが、
ギャンブルだのパチンコだのやる奴らの頭の中身は俺にはよく分からんしな

3:匿名 2019年9月12日 13:02 | 返信

陸運だろうが海運だろうが運送業はヤクザと関係が深いよな
ご禁制の品を密輸するのにつながりが必要だからか

2:匿名 2019年9月12日 09:20 | 返信

あ、一番最初に書いてあった

1:匿名 2019年9月12日 09:19 | 返信

IRて何?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。