本物のエリート医師が開業した「合法的な闇病院」を亜留間次郎が解説! 裏に”反社が潜む”病院の見分け方とリスク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服のための科学】

画像は「Getty Images」より引用


■患者の望どおりの薬を売ると医者は儲かる

 情報化社会の発展により誰でもネットで医療情報を手に入れやすくなった現代、薬の名前や効果にちょっと詳しい素人に毛が生えた人が大量に生まれました。

 患者はとにかく、すぐに効く強い薬を欲しがりますが、それは医師の処方箋が無ければ買えない物ばかりです。その結果、病院に来ると「○○○○○を処方してくれ」と医師に注文を付ける患者が激増しましたが、普通の医師はプロなのでそんな注文は聞きません。

 しかし、中には聞いてしまうダメ医者もいて、やたらと薬を欲しがる患者は自分の言うとおりにしてくれる医者こそ名医と思い込むようになりました。その代表例とも言えるダメ患者がアドルフ・ヒトラーで、独裁者の権限でやたらと薬をくれる医者を主治医に任命しました。

 そして現代の日本社会でも、すぐに望みどおりの薬を処方してくれる病院に患者が集まる傾向があるのです。でも、そこに問題が。保険診療だと「薬は●日分までしか出せない」など、様々な制限ががあって望み通りには出せないのです。

 その結果、保険が効かない自由診療でもいいから、高めの値段で患者の言うとおりの薬を売れば儲かることに気がついてしまった人が現れたのです。

 妙に貧相なクリニックの割に、医師の経歴がやたらエリート過ぎる謎の診療所があれば、そこはもしかしたら怪しいかもしれません。その理由がわかる、あるエリート医師の転落の物語をここから語ります。

関連キーワード

コメント

6:匿名 2019年8月20日 09:12 | 返信

モデルはライターに転職する前の亜留間次郎本人なんでしょ?

5:匿名 2019年8月12日 08:55 | 返信

>> 3

リタリンが欲しい方は知識が豊富ですね。
恐れ入りました。
最近のお気に入りの向精神薬とかありますか?
気が向いたら↑↑書いてみて下さい。

4:匿名 2019年8月12日 08:27 | 返信

>> 3

向精神関係じゃなくて。
真面目な考えを持つ医師で自己負担型に特化した医師がポツポツと出てくるんじゃねえの?
という意味だったんだけど

3:匿名 2019年8月11日 12:26 | 返信

患者に頼まれてリタリンを出すクソ医者とかw
10年ほど前に社会問題にまで発展しましたよね?w
そういう種類のクソ医者を逮捕する法律が必要なんだけどそういうのが日本にはまだないんだよね、まあ日本は実質アメリカの植民地なんだからそういうのがなくても仕方ないんだけどね。
今はアメリカは弱ってきてるから今度は中国の植民地かwホントに弱い国というのは嫌になっちゃうねw

2:匿名 2019年8月11日 08:29 | 返信

医療財政(健康保険)の関係で薬をジェネリックにかえたり、医療関係のビッグデータの活用と紐付けで「物凄く管理された医療界」になっていくのだろうけど
社会の片隅には“自己負担で一定量の薬を必ず出す病院”がポツポツと誕生し始めると思う。
ここ数年のうちに厚労省と100%診断書発行医師とで、騒動になってニュースで取り上げられると思う。

1:匿名 2019年8月11日 02:16 | 返信

まぁーでも考えてみたら一石二鳥のような…

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。