ナチス人体実験から始まったドーピングの歴史を徹底解説! ジョン・ボスリー・ジーグラー医師と魔法の薬ダイアナボル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服のための科学】

画像は「Getty Images」より引用

■ナチスの人体実験

 テストステロンは1931年に大量の男性の尿から単離された男性ホルモンの一種で、1935年にドイツの化学者であるレオポルト・ルジチカによって合成されて医薬品として利用できるようになりました。彼は1939年にノーベル化学賞を授賞しています。

 そして、1935年5月には筋肉を増大させ骨格を発達させる人体強化ホルモンであることが発見され、1937年にはドイツで人間に注射する人体実験が始まっています。ナチスドイツはこのまま第二次世界大戦に突入し、数多くの人体実験に手を染めたことは皆さんご存じのとおりです。

 戦後、人体実験の資料は全てアメリカに押収されて、どんな実験が行われていたのかは公開されていません。一説には兵士に投与してドーピング強化人間を作っていたとも言われていますが真偽のほどは謎です。

 アドルフ・ヒトラーの主治医であったテオドール・モレルは、ヒトラーにテストステロンを頻繁に注射していたと証言しています。実はヒトラーはドーピングしていたのです。

 ナチスドイツの薬物強化兵士は特に成果を上げないまま終戦を迎え、その人体実験の記録はアメリカに渡って機密の中に埋もれました。

コメント

5:匿名 2019年11月4日 19:21 | 返信

ダイエットと一緒に、ジムのトレーナーと医者が減量&筋トレ&投薬で理想の体に。とかしたらやる人は増えそうですね。

問題はこれが広まると、やっぱり個人でやったり、ダメ医者が適当に処方して死亡するケースが出てしまうかな?

4:3、追記 2019年7月19日 11:59 | 返信

こうして見ると宗教やスピリチュアルなんてものはいかに『自然の摂理に反したことをしたり言ったりしてる』かがよくわかるよね。
私が彼らと彼らの信じるものが嫌いだから嫌っているというよりは、彼らがいかに自然の摂理に反したことを言ったりしたりしているか、そしてここ重要だけど『いかに自分たちの深層心理に気がついていない』かがよくわかるから嫌いなんだ。
愛の重要性を知るものが自分の名前を愛に基づくものにしたり、それを延々と小一時間語り続けたり、ブログやSNSに延々と書きつらねたりなどしないよね?
喧嘩に強い者が自らを喧嘩に強いなどと言ったり、喧嘩の美学を語ったり、物を試し割りなどして強さをアピールなんてしなくても『立ち会い』になればすぐにわかることだよね?
ようするに喧嘩について語る者は『強そうに見せたい』ってこと。
愛を声高に語る者たちもよく似ていてそうすることにより、『人々から賞賛されたい、認められたい』という非常に汚い心理を隠し持っているけど本人はもちろんそんな汚い心理になど気づいちゃいない。
言うまでもなく、愛情って語るものでも文章にするものでもなく行為よって示されるものだよね?

3:匿名 2019年7月19日 09:58 | 返信

ドーピング、向精神薬、麻薬、覚せい剤、植物の肥料(有機肥料も含む)、医薬品、サプリメント、愛、年金、生活保護、
これらはすべて入れるもの与えるもの。
こういったものはすべて入れると狂うし腐る。
すべて『一時的にはよくなったようには見える』のちのち経過をよく観察すると狂う。ドーピングなんてわかりやすいよね。
サプリメントや愛は安全そうに見えるが同じく『与えるもの』。同様に与えると狂う。これも一時的にはよくなったようには見える。年金も生活保護も同様、もらってる人をたくさん知っているが全員狂っている。
愛情も?と思う人もいるかもしれないが、与えられてる人よく観察してください。全員狂っているでしょ?例えば過保護の家庭の子供とか。
与える理論のものはすべて腐るし狂う。
『自然農』とか何も与えない農業されてる方はなんとなく意味はわかると思います。与えなければ強いし健康。
ちなみにこの理論他者の受け売りな。

2:匿名 2019年7月19日 09:54 | 返信

前の絶倫体質の記事と併せて考えてみると「なるほど英雄色を好むには根拠があったんだな」と分かるよね

1:匿名 2019年7月18日 20:55 | 返信

チーグラー・ナッタ触媒の人?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。