仏政府が証拠収集・調査した「トラン=アン=プロヴァンスUFO事件」― 史上最も徹底的かつ慎重に記録された未解決事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 1981年、フランス南東部ののどかな町トラン=アン=プロヴァンスに、突然宙に浮かぶ謎の物体が現れるという事件が起きた。物体は目撃者の目の前で即座に再び空に飛んで行き、地面には燃えたような跡が残された。フランスの政府機関が証拠を収集・調査したことで知られる「トラン=アン=プロヴァンス事件」である。

Trans-en-Provence, France, Physical Trace Case – January 8, 1981 (The Black Vault)

画像は「The Black Vault」より引用

 事件が起きたのは1981年1月8日の午後5時頃のことだった。トラン=アン=プロヴァンスの郊外に妻と共に暮らすニコライ(仮名)は、段丘の上にある自宅の庭で水ポンプの小屋を建てる作業中、口笛のようなかすかな音を耳にした。ニコライが振り返ると、40メートルほど離れた場所に、宙に浮かぶ不思議な物体があったという。

 それは背の高い松と同じくらいの高さに浮かび、回転はしておらず、口笛のような音がわずかに聞こえた。物体の下部には四つの開口部があったが、火や排気を噴き出している様子はなかった。また、下部には20センチほどの脚部のような突起もあった。物体は徐々に高度を下げていた。

目撃者ニコライのスケッチ。画像は「The Black Vault」より引用

 ニコライは少し高い場所に移動して、30メートルほど離れた場所から物体を観察した。物体はすでに地面に着陸していた。それは直径2〜2.5メートル、高さ1.5メートルほどの円盤で、受け皿を二枚くっつけたような形をしており、その縁は15センチほど隆起していて、物体の周囲をリングのように取り巻いていた。

 そして、物体は下からホコリを吹き出しながら垂直方向に浮き上がって、北東に向かって高速で飛び去っていった。その間、わずか1分にも満たない出来事だったという。ニコライが物体が着陸していた場所に行くと、そこには焦げたような丸い跡が残っていた。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。