【最新の人類滅亡】マヤの長老が「本当のマヤ暦の予言」を暴露! ●年後から最悪の時代到来…説得力に絶望!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

,

,

 中央アメリカでかつて使われていたマヤ暦は、周期の異なるサイクルを複数組み合わせた非常に複雑な仕組みを持っている。その複雑さと神秘性ゆえに、マヤ暦から未来を予測しようという試みが続けられており、過去には2012年の長期サイクルの終わりが世界滅亡を予言しているとの主張が世界的に話題となった。そして今も、マヤ暦から世界的な危機を予言し、警告を発している人々がいる。英「Express」が10月5日付で報じた。

Mayan calendar warning: Researcher claims ‘serious problems coming’ after NEW calculation (Express)

画像は「Express」より引用

 マヤの長老ドン・カルロス・バリオス氏はマヤ暦を研究し続ける人物の一人で、配信中のドキュメンタリーシリーズ「MAYAN REVELATIONS: DECODING BAQTUN」にも出演し、その深い知識を披露している。

 バリオス氏は先祖代々伝えられてきたマヤ暦の重要性について、「我々は数千年前、祖先たちが見たものを知っているのです」と表現する。そして2016年、彼はマヤ暦における13年サイクルが現在の世界的な自然災害を示唆し、今後もっと悪くなるとして、次のようなことを語っている。

「13年周期の次のサイクルは空気の要素とエーテルに関連したサイクルです」

「2012〜16年にかけて自然災害が発生し、2026年以降にはもっと悪くなるでしょう」

「これから26年間、人類が今のように生き抜くことができたなら、すべての人々の間に特別なつながりが生まれるでしょう」

 驚くべきことに、バリオス氏はこの数年世界的に多発する自然災害を予言するかのような発言をしており、その傾向が今後も続いていくと語っているのだ。

関連キーワード

コメント

4:匿名 2019年10月20日 11:23 | 返信

この手の記事を信じろってか?ウケる 何回人類滅亡して何回地球が大災害に見舞われるって予言されたかご存知ですか?そして予言が外れる度に無かった事となり、やれ計算が違ってた、やれ新たな予言が見つかったとエンドレスでいつ終るの?脳細胞が死滅してるのはどっちなの?笑える

3:匿名 2019年10月14日 00:00 | 返信

そんなのマヤかしだ!

2:聖帝 2019年10月12日 20:46 | 返信

2012のアセンションを結構信じてたんだが残念な結果だったな!それ以降は終末予言的なのは信じてない。大体からして、未来を分かるはずがないよな‼️まじ踊らされたわ‼️それに今さらほんとの終末ってなんじゃい!最初から本当のこと言えや‼️てゆーか、これは誰かの何かの策略なん?

1:匿名 2019年10月12日 12:17 | 返信

その頃には人類たちは自滅しあって大半が消滅していると予測される(テロ、戦争など)
あと環境汚染も相まって、ガンや難病で気がついたら死んでました!テヘッ😜
って話が増えてくるかも(白目)
、、、
放射能☢️で汚染された土を農業に使って消費しようとか(安部政権は)正気の沙汰じゃない!その辺のホームセンターでもうすでにその手の汚染土が商品として売られているらしい(マジこえー)
、、、
若いのにガンとか、若いのに難病とか、若いのに腎不全とか、そんな話周りでもよく聞く、ほんの数十年前までこんな話はないわけではないが少なくとも数は少なかっただろ?
知人もガンや難病だよ
、、
これからはこういうのもっともっと増える、ほとんどの人間は生き残れないだろうな、、
、、、
でも一番怖いのは地球や人類の汚染ではなく、こんな話ちょっとググるだけでわかるし調べられるのに“大半の人間たちは知らないどころか興味がない”ことが最も恐ろしい、、お前たち怖くはないのか?感情はあるのか?脳細胞すでにすべて死滅しているんじゃないのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。