スノーデンがオカルト情報を遂に全暴露!「宇宙人、NSA情報、月面着陸、ケムトレイル…」

スノーデンがオカルト情報を遂に全暴露!「宇宙人、NSA情報、月面着陸、ケムトレイル…」の画像1
画像は「New York Post」より

 NSA(アメリカ国家安全保障局)CIA(中央情報局)の元職員で現在はロシアに亡命中のエドワード・スノーデン氏が、宇宙人、月面略陸、ケムトレイルの真実を語った。

 スノーデン氏は2013年にハッキングとコンピューター・セキュリティの専門家として勤務していた国家安全保障局(NSA)から、情報監視やネットワーク盗聴のプロジェクトに関する文書を持ち出し暴露したことで一躍時の人になった。英雄的とも讃えられる一方で、アメリカ政府からは世紀の大犯罪者と見られており、現在はロシアに身を寄せている。

 米紙「New York Post」(10月24日付)などによると、そんなスノーデン氏が今月23日、ポッドキャスト番組「ジョー・ローガン・エクスペリエンス」にロシアから出演、有名陰謀論について語ったという。

■アポロ11号

スノーデンがオカルト情報を遂に全暴露!「宇宙人、NSA情報、月面着陸、ケムトレイル…」の画像2
画像は「New York Post」より

 人類初の月面着陸に成功したアポロ11号を巡る陰謀論は今も根強い。アームストロング船長らが月面を歩く映像は、実はスタジオで撮影されたものだとする説だ。影の向きから光源が複数あることや、星条旗がたなびいていることなど、さまざまな“矛盾”が指摘され、映画監督のスタンリー・キューブリックが撮影したとまで言われている。

 これについてスノーデン氏は、「人類は確かに月に着陸した」と陰謀論を真っ向から否定。その他にも、さまざまな有害物質が含まれているとされる飛行機雲「ケムトレイル」も存在しないものだという。

 一方、最近グレタ・トゥンベリさんの国連演説で注目を浴びている気候変動は実際に存在する危機だと警鐘を鳴らした。

■エイリアン

スノーデンがオカルト情報を遂に全暴露!「宇宙人、NSA情報、月面着陸、ケムトレイル…」の画像3
画像は「New York Post」より

 そして、気になるエイリアンについては……。

「ジョー、君がエイリアンにいて欲しいと願っていることは知っている。けど、その証拠はどこにも無かったんだよ。もちろん、エイリアンはいると僕も思うんだけど、NSA、CIA、軍のネットワークにバカみたいにアクセスできたのに、そこにはエイリアンの情報は何も無かったんだ。そうした情報が内部の者にさえ隠されている可能性はあるよ。そうだとしたら、相当うまく隠されている。僕が見た記録によると、エイリアンは地球に来ていない。少なくともアメリカの諜報機関には接触していないね」(スノーデン)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ