• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 情報はすべて自由化されなければならないという“クリプトアナーキズム”の思想に基づく“クリプトアナーキスト”が増えているという。クリプトアナーキズムとはいったい何なのか。そして何を目指しているのか――。


■“3Dプリンター銃”は表現の自由の産物

 米「WIRED」誌の「世界で最も危険な人物15」に選ばれたコーディ・ウィルソン氏が再び“3Dプリンター銃”の問題で話題になっている。2013年にウィルソン氏が創設した「Defense Distributed」から3Dプリンターによって製造可能な拳銃のデータが公表され、すぐさま10万回以上ダウンロードされたといわれている。

 国務省からの命令でデータはウェブサイトからは削除されたのだが、ウィルソン氏はこの夏に“3Dプリンター銃”のデータを再び公開する計画を発表。しかし公開の直前になってシアトルの連邦地方裁判所から公開の差し止めが命じられたことが報じられ、ウィルソン氏は再び話題の人物になっている。

cryptoanarchists1.JPG
CNN」より

 多発する銃撃事件に揺れるアメリカ社会だが、この“3Dプリンター銃”の問題もまた国民の銃を所持する権利を認めるアメリカ合衆国憲法修正第2条の解釈をめぐる問題だと一般的には受け止められている。しかし、ウィルソン氏の本来の争点はアメリカ合衆国憲法修正第1条の“表現の自由”にあるという。“3Dプリンター銃”は表現の自由の産物であるというのだ。

 ウィルソン氏はクリプトアナーキスト(crypto-anarchist)である。クリプトアナーキズムの基本思想は、情報はいくつかの権力の手で統合されるのではなく、むしろすべての人が容易に利用できるようにすべきであるという主張である。このインターネット時代にあっては、情報は中央に集約されるのではなく、中央から外れて、いとも簡単に入手できるものでなければならないという。そしてクリプトアナーキズム運動によってこれまでの社会で続いてきた中央集権制度とそれに伴う検閲の無効化をもくろんでいるのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。