【衝撃】 米軍が「秘密宇宙軍」の準備を開始している可能性!今後UFOの目撃談は増えまくる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

 トカナでもたびたび取り上げているように、近年アメリカ各地ではヘビ型UFOをはじめ多数のUFOが目撃されている。元米空軍の陰謀論者ブルース・ガニオン氏は、多発するUFO目撃事件の背景に「米軍による秘密宇宙軍の準備」があると主張している。つまり、謎のヘビ型UFOも米軍の秘密兵器ということになるが……。英「Daily Star」(10月27日付)が報じた。

UFOs across US ‘could be Space Force craft built from secret military budget’ (Daily Star)

画像は「Getty Images」より引用

 ガニオン氏は元米空軍の兵士であり、ベトナム戦争後に宇宙平和を訴える活動家となった陰謀論者である。彼は「宇宙兵器・原子力に反対するグローバルネットワーク(Global Network Against Weapons & Nuclear Power in Space)」のコーディネーターであり、主に米国の軍事や宇宙開発関連の情報発信を続けている人物である。

それらの“乗り物”は、秘密予算から資金提供を受けている新型のスペースクラフトです」と、ガニオン氏は米国内で目撃されるUFOが、米軍の新型秘密兵器である可能性は高いと主張する。

「我々が想像すらできないような宇宙戦争のためのテクノロジーをテストしているのだと、私は確信しています」(ガニオン氏)

 ご存じの通り、米国では今年8月に統合軍の一つである宇宙統合軍が正式に再発足している。米三軍の宇宙関連の部隊・機材を統合運用するために設立されたものであるが、米ドナルド・トランプ大統領は将来的には6つ目の軍種として「宇宙軍」を創設する構想にも言及しており、いずれ空軍の管轄下に宇宙軍が設立される可能性は高い。

 ガニオン氏によると、米国では政府の秘密予算で、宇宙軍創設のための研究開発が続けられており、目撃されるUFOはその成果だという。ノースロップ・グラマン社が開発中のブーメランのような不気味な形をした爆撃機B-21などもその一つである可能性があるとのことだ。

関連キーワード

コメント

1:トランプ大統領 2019年11月1日 00:09 | 返信

勿論、宇宙軍は私のアイディアが元になっている。
永遠のライバルだと自称する奴を倒すためには絶対に必要なのだ。
スペースクラフトだか、デブリだか何だか知らんが確認のために撃ち落としてもらいたいものだ。
もしかしたら、中にチョンが入っているかもしれん。
当然ライバルなのだから、倒さなければならないし、奴は情報統合思念体の宇宙人だ。
人間の器を使って動いているが、破壊したところで、細胞一つ残っていても再生するかもしれんのでトドメにトドメを刺して、すべてを焼き尽くさねばならん。
これが涼宮ハルヒの憂鬱だ。涼宮ハルヒとは私をモデルに作られたキャラクターのことだ。
ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐でもあり、女神アクアでもあり、涼宮ハルヒでもあるのだ。

コメントする

トランプ大統領のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。