我々の肉体は原子ではなく“ひも”でできている! しかも11次元に通じていて… 物理学者が断言!

■余剰次元の存在が証明される可能性

「これ(ひも)は、宇宙の超顕微鏡的眺めなのです。さまざまな周波数で振動する振動エネルギーはこれらの膨大な数の“ひも”で構成されており、さまざまな周波数がさまざまな粒子を生成し、さまざまな粒子によって豊かな世界が形成されています」(グリーン教授)

我々の肉体は原子ではなくひもでできている! しかも11次元に通じていて… 物理学者が断言!の画像4
画像は「YouTube」より

 超ひも理論は理論物理学上の学説であり、実際に“ひも”の存在が確認されているわけではない。とすればまったくの空理空論に終始してしまう可能性もないとは限らないのだが、将来的には超ひも理論の前提になっている余剰次元の存在が証明される可能性は残されている。

 その鍵を握っているのがCERN(欧州原子核研究機構)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)だ。

 LHCの全長27キロにもおよぶ円形のトンネルの中では高速に近い速度で粒子(陽子)が飛び交っており、逆方向に進む粒子同士を正面衝突させる実験が続けられている(現在は休止中)。

「エネルギー保存の法則(熱力学第一法則)」によって、自然界においてエネルギーの総量は一定であるという“鉄則”があるが、もしも粒子同士が衝突する前のエネルギーよりも、衝突後のエネルギーが少なくなるようなことがあれば、「エネルギー保存の法則」が破られることになる。

我々の肉体は原子ではなくひもでできている! しかも11次元に通じていて… 物理学者が断言!の画像5
画像は「YouTube」より

 失われた一部のエネルギーはどこへ行ったのか? その行先こそが余剰次元ということになるのだ。余剰次元の存在により、熱力学第一法則が破られるのである。

 現状ではまだLHCが稼働しても余剰次元の存在は確認されていないが、2021年から再開される実験でその期待は再び高まる。超ひも理論の研究の進展には今後も目が離せない。

参考:「Express」、ほか

文=仲田しんじ

コメント

2:匿名 2019年12月17日 22:00 | 返信

以前このサイトで11次元について、各次元ごとに説明している記事がありましたよ。

1:匿名 2019年12月17日 03:51 | 返信

11次元が証明されたとして、それで3次元が変化するという話?
難しいなぁ。
いま住んでいる世界が3次元に時間をプラスした世界という事は
3次元でも4次元でもないという事だよね。
実は3次元とは言い切れないということで。
そしたら11次元だって… ‥・ (゜-゜)うーん…
とりあえず、全部の次元を教えてほしい。
1次元=点の世界?
2次元=平面の世界、点と線の世界?
3次元=立方体の世界
4次元、5次元、6次元‥11次元 という感じで、ライターさんお願いしますw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。