【JRA朝日杯FS】マスコミの情報や印に踊らされるな、サリオスは? 今秋1番人気で勝利はアーモンドアイのみ、真の激裏情報を関係者が暴露!?

【JRA朝日杯FS】マスコミの情報や印に踊らされるな、サリオスは? 今秋1番人気で勝利はアーモンドアイのみ、真の激裏情報を関係者が暴露!?の画像1
注目朝日杯フューチュリティステークス

■マスコミや専門紙、反省も謝罪もない現状

 先週行われた阪神ジュベナイルフィリーズは、圧倒的1番人気リアアメリアが敗退となり、まさかの万馬券が飛び出した。この結果に唖然とした競馬ファンも多かっただろう。多くのスポーツ紙や競馬専門紙がリアアメリアを推しに推していたにも関わらず、同馬は何の見せ場もなく6着に敗退。まさかの結末にガッカリした競馬ファンが圧倒的に多かったと思われる。もちろんそんな結果に対し、ほとんどのマスコミは反省もなく謝罪もない。そして、今週もまた同じように予想を公開しているのである。

 多くの競馬ファンがマスコミの情報や予想を参考に馬券を購入しているが、果たして本当にファンが望む結果を提供できているであろうか。実際はそれとは程遠いと言えるだろう。というのもこの秋JRA(日本中央競馬会)で行われたG1レースのうち、天皇賞・秋のアーモンドアイのみ1番人気で勝利、それ以外のG1レースは1番人気がすべて敗退しているのだ。マスコミの情報や印が人気に直結する現状、これがマスコミ予想の限界ということだ。先週の阪神ジュベナイルフィリーズは、まさにそれを明確に示した例と言える。

 さて、今週は阪神ジュベナイルフィリーズと同じ2歳G1レースの朝日杯フューチュリティステークスが行われる。しかも、先週のリアアメリアのように、上位人気となるであろう2戦2勝の馬が出走する。中でも最有力と見られているのが関東馬のサリオスだ。

 しかし、この朝日杯フューチュリティステークスは、関東馬よりも関西馬が好成績を挙げているレース。昨年も1番人気の関東馬グランアレグリアが3着に敗退、関西馬のワンツーフィニッシュにより万馬券が飛び出している。今年も同様のケースとなるのであろうか、さらに注目の関西馬は何か、その答えを探るべく関西馬情報のスペシャリスト集団である「チェックメイト」に聞いた。

■勝利への近道は関西馬情報の把握

「チェックメイト」は関西の栗東トレーニングセンターの目の前に拠点を持ち、ありとあらゆる関西馬情報を把握している。出走馬の状態、関係者の本音や思惑だけでなく、調教師のゴルフや忘年会のスケジュールまで把握するというから驚きだ。そのチェックメイトには、騎手として日本ダービーを勝ち、調教師としてオークスを制覇した清水久雄元調教師など、現役時代は栗東トレーニングセンターで活動していた本物の競馬関係者達が多く所属している。ゆえに関西馬情報に精通しているのは当然であり、マスコミ各社には決して把握できない「核心の情報」が連日届けられるという。

【JRA朝日杯FS】マスコミの情報や印に踊らされるな、サリオスは? 今秋1番人気で勝利はアーモンドアイのみ、真の激裏情報を関係者が暴露!?の画像2
秋競馬も関西馬が大活躍

 実際に彼らがこの秋的中させたレースもまた凄い。11月、関西馬の穴馬激走情報により3連単11万6130円もの1000倍馬券を筆頭に、10月の12万馬券など高額万馬券を多数的中。重賞レースでも府中牝馬ステークス(G2)の3連単7万7860円やジャパンカップ、マイルチャンピオンシップといったG1レースを数多く的中させており、最強の関西馬情報の看板に偽りはない。

 昨年の朝日杯フューチュリティステークスは関西馬アドマイヤマーズが勝ち、2着も関西馬クリノガウディーで好配当決着となった。そして今年も馬券になる関西馬を把握することがレースを的中させるポイントだ。そのためにもチェックメイトが持つ関西馬情報は欠かせない。そこで彼らにこのレースの展望と最新情報について話を聞いた。

■担当者が明かす「核心の情報」

「朝日杯が阪神で行われるようになった過去5年で、馬券圏内の3着以内に入った関西馬は10頭、関東馬は5頭とその半分となっており、圧倒的に関西馬が有利と言える状況です。そして今年も、出走馬のほとんどが関西馬。さらに今年行われた2歳重賞10レースで、関西馬が8勝というのもまた関西馬が依然として優位に立っていることを証明しています。

 今年は香港マイルをアドマイヤマーズで勝利したスミヨンが騎乗するレッドベルジュール、武豊が騎乗するタイセイビジョン、さらにビアンフェ、ラウダシオン、ペールエールといった実力のある関西馬が多数出走。確かに人気を集めそうな関東馬サリオスもいますが、今回は初の長距離輸送や右回り、多頭数のレースなど課題が多く、さらに先々を見据えている馬だけに、ここが100%の仕上げではないと考えていいでしょう。逆に我々が把握している勝負の関西馬はここが目標で万全の仕上がり。現時点での完成度を見ても各出走馬を上回っており、今こそ馬券を買うべきです。

【JRA朝日杯FS】マスコミの情報や印に踊らされるな、サリオスは? 今秋1番人気で勝利はアーモンドアイのみ、真の激裏情報を関係者が暴露!?の画像3
関西馬レッドベルジュール

 昨年に例えるなら、人気で敗退した関東馬グランアレグリアはその後に桜花賞を勝利しました。一方、昨年9番人気で2着に激走したクリノガウディーは、その後7戦して未勝利です。そういった事例からも、たとえ人気薄でも本気の関西馬は人気の関東馬を上回ることがわかるでしょう。

 今年もクリノガウディーのような人気薄大ヤリ関西馬の情報をキャッチしており、この関西馬が情報通りに好走すれば、万馬券決着となる可能性も十分。かなり期待できますよ」(チェックメイト担当者)

 この話からも今年の朝日杯フューチュリティステークスは、人気薄の関西馬を見抜くことが的中のカギとなるのは言うまでもない。しかし、それは一般人や通常のマスコミではまず不可能。やはりチェックメイトを利用するのがベストだ。すると彼らから思いもよらない提案が飛び出した。

「2019年で我々がこういった場所で告知をするのは最後です。そこで馬券を当てたい、競馬で勝ちたいと考える読者の皆様に本当の関西馬情報を体験していただきたいと考え、今回我々が把握する関西馬情報および朝日杯フューチュリティステークスの勝負買い目情報を、無料で公開します。本物の関西馬情報を目の当たりにする絶好の機会となるので、ぜひご利用ください」(チェックメイト担当者)

 まさに天からの恵みだ。今、競馬ファンがもっとも必要としている関西馬情報を、なんと無料で提供してくれるのだ。これぞ一獲千金のビッグチャンス、利用しなければ一生後悔するだろう。加えてチェックメイトが大きな手応えを感じているという来週の有馬記念情報も必見だ。有馬記念は過去10年で関西馬が8勝しており、今年も出走馬のほとんどが関西馬。まさにチェックメイトがその力を存分に発揮できるレースなのである。今週の朝日杯フューチュリティステークス、そして来週の有馬記念、チェックメイトの情報なくして馬券を購入することは有り得ない。

CLICK → 無料公開!【朝日杯FS&関西馬情報 勝負買い目!】チェックメイト

※=本稿はPR記事です。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ