「ひえ~、ママ~!」マザコン映画の最高峰『ストラングラー 猟奇マザコン絞殺魔』を徹底解説!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

「ひえ~、ママ~!」マザコン映画の最高峰『ストラングラー 猟奇マザコン絞殺魔』を徹底解説!の画像1

『ストラングラー 猟奇マザコン絞殺魔』

1984年・ユーゴスラビア

監督/スロボダン・シアン

脚本/スロボダン・シアン、ネボイシャ・パイキッチ

出演/タシュコ・ナチッチ、スルジャン・シャペルほか

 日本では珍しいユーゴスラビア映画で、ヒッチコックの『サイコ』(60年)に影響を受けたホラー・コメディの知られざる傑作。作品の製作時にバルカン半島を制圧していたユーゴスラビア社会主義連邦共和国は2003年に消滅している。そんな事情で権利取得がメンドーになっているのか、現在はDVDもブルーレイディスクも発売されていない。レンタルビデオ時代にソニーから発売されていたVHSビデオは貴重だ。

 舞台はユーゴスラビアの首都ベオグラード。赤いカーネーション売りの独身中年ペラは、身長190センチ、体重120キロの巨漢だ。ペラは2人暮らしの母親に、48歳にもなって入浴時に体を洗われる一方、花の売り上げが少ないと棒で叩かれ折檻される。心が歪んでいったペラは、カーネーションを拒否する女性を22人(プラス1人は男)も絞め殺した

 3夜連続で女性の絞殺死体が発見され、テレビのニュースでは白目を剥いて舌を出している被害女性の死に顔がお茶の間に映し出される。それを見て「ブーッ」と飲んでいたビールを噴き出した男は、ロック歌手のコピツル(演者はユーゴスラビアの人気歌手スルジャン・シャペル)。幼少時に母親を亡くしたコピツルは、医師の父親が再婚した若いナースがエロすぎて懐けず女嫌いになっていた。コピツルは犯人をリスペクトし、『ベオグラードの絞殺魔』という曲を書いて大ヒットさせる。

「ひえ~、ママ~!」マザコン映画の最高峰『ストラングラー 猟奇マザコン絞殺魔』を徹底解説!の画像2
画像は「IMDb」より

 曲のプロモーションビデオは、夜の路上でゲロを吐く泥酔女の首をコピツル本人が絞め殺すという映像。これをテレビで見たペラは自分が元ネタと気付かずに共感を覚える。ラジオ番組に出演したコピツルに局アナのソフィアが「あなたも女性の首を絞めてみたいですか?」と、ふざけてコピツルの両手を自分の首に。するとコルピツはソフィアの首を本気で締め始め、放送は中断する。ソフィアは「あなた変よ……」とコピツルに嫌悪感を抱く。

 犯人を挙げられなくてノイローゼ気味の老警部は、私服の婦人警官(1人は女装の男性警官)をコピツルのコンサート会場に張り込ませる。女装警官はペラに声を掛けられ「カーネーションは大嫌いよ!」。コンサート終了後、会場の周辺を張っていた女装警官は「キュッキュッキュッ」ともろ『サイコ』の曲が流れる中、背後からペラに首を絞められる。カツラが外れた警官の顔を見たペラは「ひえ~、ママ~!」と驚くが、そのまま絞め殺す。自分の作戦で部下を失った警部が自宅で首を吊ろうとすると、飼い猫が駆け寄り「にゃあ、にゃあ!」(字幕「あなたが死んだら誰が部下の仇をとるんです?」)。気を取り直した警部のリベンジが始まる。

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

コメント

1:トランプ大統領 2019年12月29日 20:54 | 返信

こんなの書いて何になるんだ?UMAの研究家を自称していたが、行き詰ってやる気が無くなり、レトロな映画評論家に転身したわけか?それともマザコンと言いたかっただけか?それなら聞きたいのだが、妻の母親が以外と若く性的魅力を感じ、その義母に甘やかされて生活するのはマザコンと言えるのか?これは難問だな。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。