元米国大統領ジミー・カーターはバイオロボットだったと発覚「ロボットが本人と入れ替わった」

 要人のクローンが密かに作られており、いわゆる影武者として使われているという噂は世界各地でささやかれている。第39代米国大統領ジミー・カーターもその疑惑がささやかれる一人であるが、最近では「バイオロボットと本人が入れ替わっていた」という信じがたい情報も流れているという。英「Daily Star」(1月18日付)が報じた。

US President CLONED: White House run by faked ‘synthetics’ conspiracists claim (Daily Star)

元米国大統領ジミー・カーターはバイオロボットだったと発覚「ロボットが本人と入れ替わった」の画像1
画像は「Daily Star」より引用

 ジミー・カーターはジョージア州のピーナッツ農家から政治家に転身、ジョージア州知事を務めた後、1977〜1981年まで米国大統領まで上り詰めた人物で、2002年にはノーベル平和賞も受賞した世界的な偉人の一人でもある。しかし、カーターには一つの疑惑がある。それは本人そっくりのクローンかロボットが製造され、身代わりになっていたという説だ。

 同様の噂はレーガンやオバマ、トランプといった歴代大統領でもささやかれているが、彼らの場合はあくまで「影武者」、つまり暗殺などを警戒したセキュリティ対策の一つだ。アドルフ・ヒトラーやヨシフ・スターリンも自身そっくりの影武者を身代わりとして使っていたことが知られているほか、また変わったところでは、米CIAがインドネシアのスカルノ大統領の評判を落とすために、そっくりな俳優を使ったポルノビデオを制作したという話もある。しかし、カーターの場合はこれらとは少し異なり、「本人そっくりのロボットが本人に成り代わっていた」というのである。

 この陰謀論を唱える「Merlin TM」によると、「1979年のイースターにジミー・カーターの最初のロボットが、人間のジミー・カーターと入れ替わった」という。その証拠の一つとして、数年前にカーターの姿を見たというが、その姿は大統領に立候補したカーターとは全く別人だったとも述べている。