「5G停止案」に多数の医師・科学者が署名、トランプに緊急要請!「人体への安全性証明されていない」日本では議論されず!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 発ガン性やDNA損傷といった生物への悪影響が懸念されている次世代通信規格「5G」。米国では5Gの普及にストップをかけるべく、医師や科学者らが5G普及の一時停止を求める手紙を米ドナルド・トランプ大統領に送付したという。オルタナティブメディア「Collective Evolution」(1月23日付)が報じた。

Scientists & Doctors Send Letter To Donald Trump Calling For A Moratorium On 5G Wireless Technology (Collective Evolution)

「5G停止案」に多数の医師・科学者が署名、トランプに緊急要請!「人体への安全性証明されていない」日本では議論されず!の画像1
画像は「Collective Evolution」より引用

 政府やメーカー各社が「5Gは安全」と宣伝する一方、「安全性は未だ証明されていない」という声もまた根強い。世界各地で進められる5G普及の動きに対し、昨年9月にはスイス・ベルンの国会議事堂前に数千人が集まる抗議集会が開かれるなど、ますます抗議運動が盛んとなっている。

 そんな中、米国でも動きがあった。「5Gの安全性が完全に証明されるまで、普及を一時停止してほしい」という内容の手紙が、それに賛同する多くの医師、医療従事者、科学者らの署名と共に、トランプ大統領に送られたのである。

 この動きは、5Gをはじめとする電磁波の人体への影響を調査・検討する会議「EMF Conference」で昨年決議された決議書を基に行われた。この決議書は、そもそも既存の4GやWi-Fiなどでも人体や動植物に潜在的な危険があるとする立場から、安全性に関する調査が不足している上、長期暴露の影響も研究されていない5Gの安全性を懸念し、政府や業界団体が推し進める5G普及を一時停止してほしいというものだ。

 トランプ大統領に送られた手紙は「安全性試験を保留中とする第5世代ワイヤレステクノロジーに関する一時延期の緊急要請」と題されており、人々の健康と環境、そして公衆衛生を守るため、きちんとした安全性の検証とガイドラインを作成するまで、5Gの普及を停止すべきだと述べられている。シンクタンク「Environmental Health Trust」は、多くの医師、医療関係者ら署名付きで、この手紙と署名をホワイトハウスに送ったのだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ