またも5Gの影響でムクドリ300羽が“集団自殺”か! 有害すぎて海外は廃止気運… 2020年日本も危ない!

関連キーワード:

,

,

,

,

またも5Gの影響でムクドリ300羽が集団自殺か! 有害すぎて海外は廃止気運… 2020年日本も危ない!の画像1
画像は「The Guardian」より

 日に日に健康・環境への懸念が高まっている次世代通信規格「5G」。トカナで何度も取り上げたように、その特殊な周波数帯が、がんやDNA損傷を引き起こすと世界中の科学者が警鐘を鳴らしている。そして、環境への被害も無いとは言い切れないのだ。

 5G運用開始とともに、基地局付近でハチや鳥が大量死するニュースが世界中から報告されるようになった。公式には5Gにそうした危険はないということになっているが、果たして本当だろうか?

 この度、またしても鳥の大量死がイギリスで発生、5Gがその原因かもしれないというのだ。英紙「The Guardian」(12月11日付)によると、今月10日ウェールズ州北西岸に位置するアングルシー島で、200羽を超えるホシムクドリが路上で死亡しているのが発見されたという。地元警察も、その死因は“ミステリー”だと頭を抱えているそうだ。

The Guardian

「どうしてこんなことが起こったのか分からない。約225羽のホシムクドリの死体が道路上とその脇の垣根に落ちていた。しかし、道路の外の原っぱでは死体は見つからなかった。とても奇妙なことだ」(北ウェールズ警察地方犯罪チームの公式ツイッター)

 225羽どころか、後に最終的に300羽以上が死んでいたことが判明している。すぐにいくつかの死体が検死されたが、地元ニュース「North Wales Live」(12月18日付)によると、死因は地面に激突した際に生じた「外傷と内部出血」によるとものだと判明したものの、鳥たちが地面に向かって死のダイブを決行した原因は不明だという。

またも5Gの影響でムクドリ300羽が集団自殺か! 有害すぎて海外は廃止気運… 2020年日本も危ない!の画像2
画像は「YouTube」より

 ホシムクドリが地面に急降下することは滅多にないと指摘する専門家もいることから、何らかの異常事態が彼らを襲ったことは間違いないだろう。だが、検死と並行して鳥インフルエンザのテストも行われたが、結果は陰性だった。つまり、死の直前まで鳥たちはまったくの健康体だったはずなのだ。

 現在も原因は不明だが、可能性の1つとして疑われているのが、5Gである。今年10月から北ウェールズでの5G運用が始まっており、「North Wales Live」(12月19日付)によると、5Gによってホシムクドリが落下したと疑う声も大きいそうだ。ただ、Vodafoneのポークスマンは、事件があった場所では5Gのテストを行っていないと反論している。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ