奇習! 「クチュ…クチュ…」娘の秘部から“おつゆ”が出るまでいじり続け… 実の父親が実践した女児への鬼畜通過儀礼!=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

奇習! 「クチュ…クチュ…」娘の秘部からおつゆが出るまでいじり続け… 実の父親が実践した女児への鬼畜通過儀礼!=西日本の画像1
画像は「Getty Images」より

 ひと昔前は、女児が成長と共に初潮を迎えると、赤飯を炊いて祝うのが一般的であったが、近年ではそうした祝いを避け、愛娘の初潮そのものを“秘せるもの”として扱う親も増えているという。しかしそうした良識ある現代の親御さんからすれば、にわかに信じ難い行為が、「風習」として行われていた時代と地域が、この日本には存在している。


「今の人からすればわからないけれども、私らが子供の時分には、それが当たり前だったんだよ」


 かつて西日本のとある地域で行われていた“女児の成長確認”に関する風習ついてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、現在もなお、家業の農家を細々と営んでいる斎藤精一さん(仮名・84)。斎藤さんの話によると、なんでも当地においては、思春期に差し掛かった年頃の愛娘に対し、その父親がなんともおかしな方法で、その成長を確認する風習が存在していたのだという。


「要はね、娘がちゃんと女になっているかを確かめるんだ。手でいじってやってね。それで“おつゆ”が出るようになれば、立派な女だっていうことになってね、家族総出で祝うんだよ」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ