「事故物件住みます芸人」松原タニシが選出! 最強の心霊物件・ヤバイ場所3選、謎の煙が…!


●東谷山(愛知県名古屋市)

「事故物件住みます芸人」松原タニシが選出! 最強の心霊物件・ヤバイ場所3選、謎の煙が…!の画像4


松原
 東谷山は名古屋市の中では一番高い山なんですけど、そこ自体が、心霊スポットというか、丑の刻参りをする人が多いスポットでして。頂上に神社があるんですけど、その神社の境内の木に釘が打ち付けられているのがよく見られるそうなんです。

 当時、僕は毎週ラジオの仕事で名古屋に行っていたんですけど、ラジオ終わりに1人で最寄り駅まで終電で行って、夜中に心霊スポット行くみたいなことをしていまして。その日は東谷山に行ったんです。山をどんどん登っていくんですけど、頂上の神社に着いた時、誰もいないはずの神社の社務所に変な「手形」がついてまして。しかもそれが土の手形で。「うわッ、こんなイタズラ誰がするんだろう」って驚いて手形を触ってみたら、なんか、ヌルっとしているんですよ。これはたった今人がつけた手形だ!」「ってことは、アレっ、誰かおるのか?」って急に怖くなって、辺りを見回したけど、誰もいない。

「事故物件住みます芸人」松原タニシが選出! 最強の心霊物件・ヤバイ場所3選、謎の煙が…!の画像5

 さすがにちょっと怖くなって、参道の石段を下りようとしたら、僕が下りる石段に合わせてパキパキパキパキ音がするんです。「動物かな」って思って、僕が下りる足をピタッと止めて。かしわ手打ってパーンって鳴らしたり「コラッ!」って言ったりしたんですけど、シーンとしている。でも歩き出したら、またパキパキパキパキ音がするんです。怖くなって一回ダッシュで神社に戻ったんですけど、そしたらダッシュでパキパキパキパキもついてくる。

「うわッ、こわー!!!!」ってなって。

「もしかしたら、丑の刻参りをしている人がいる可能性があるな」と。丑の刻参りって、儀式中の姿を誰かに見られたら、呪いが成就せずに自分に返ってくるということで、見た相手を殺さなければならないっていうルールがある。だから「これ、遭遇した瞬間に終わりや」ってなって。

 結局猛ダッシュで階段を下りて「もしも下で待ち伏せされててもこのままの勢いで突っ込んだら大丈夫やろ」ってくらいガ―っと走って。何とか逃げ切れたんですけど、後日、もう一回その場所を確認しに行ったところ、僕が石段を下りてパキパキいっていた辺りに、「釘の穴」が開いてたんですよ。しっかり打ってて、その上を僕が歩いていたわけです。つまり、あの時釘を打っていた人がいて、向こうも向こうで僕に気づかれたら殺さないといけないから、死角に入って隠れていたのでは……という話です。

――なるほど。相手も気を使ってくれたんですね(笑)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ