「事故物件住みます芸人」松原タニシが選出! 最強の心霊物件・ヤバイ場所3選、謎の煙が…!

●千葉の4軒目の事故物件

「事故物件住みます芸人」松原タニシが選出! 最強の心霊物件・ヤバイ場所3選、謎の煙が…!の画像6僕の“居住なう”の事故物件(撮影/村田らむ)

松原 4軒目の事故物件での話です。大阪で3軒の事故物件に住んで、東京の仕事もちょくちょく入るようになったので、関東でも事故物件を借りようってなって。探して見つかったのが、千葉の2万7000円の物件で。そこは、薬の過剰摂取で20代女性が死亡した物件でした。

「安いし、ここでいいや」と思って借りるんですけど、借りた初日に東京でイベントがあったので、早速その帰りに千葉の家に戻って、そこで一晩過ごそうってなったんです。

 で、部屋に入った瞬間に「気を失う」っていう。


 なんか、体に力が入らなくなって。脚がヘナヘナってなったんです。

 その時、新しい物件の初日ということで、動画を回して部屋に入ったんですけど、配信された状態のまま僕が気絶してしまったので、ずっと配信記録が残っているんですよ。

――記録が残っている!?

松原 ツイキャスで配信されていましたね。それで気がついたら朝になってて。動画の記録で確認したんです。気絶していたので、カメラはずっと壁を撮影している状態だったんですが、夜中の1時~3時くらいの間、ずっと「ピピピ」って音が鳴っている

「この音なんやろなー」って思っていたんですけど、自分のアパートの向かいの一軒家に防犯センサーが備え付けられていて、それに近づくと「ピピピ」って音が鳴るのがわかったんです。ってことは、深夜にずーっとこれが鳴っていて、つまりそこに人がいたということです。家の前と一軒家の前に誰かがずーっといたんだなっていう。

――地味に怖い!

松原 そこは人通りがない場所なので、夜中に人が来ることなんてないんですよ。防犯センサーを仕掛けている住人も、何に対してセンサーを仕掛けているのかなって。そもそも、深夜の1時~3時に人がずっと立っているのもおかしいし。「人じゃない何かかも……」って思ってしまいましたね。

――それ以降は何も怖いことはなかったのですか?

松原 「ピピピ」はその後もよく鳴っていましたね。それも1年くらいで引っ越したんですけど。

 去年、不動産会社から「松原さん、先月退去されましたよね」って電話があって。「いや、僕が退去したのは1年以上前ですよ」と言ったら、「そうですか。実は、退去理由に“謎のセンサーの音がうるさくて眠れない”というのと“玄関の扉に謎の液体をぶちまけられた痕跡があって腐敗している”と書かれていて、松原さんが書いたのかと思ってその説明を聞こうと連絡したのですが、松原さんではなかったんですね」と言われて。

 僕の後に誰かが住んだんですけど、すぐに退去したそうなんです。その退去理由として、センサーと謎の液体を挙げたみたいで(笑)。

 実際にどうなっているのか、先日見に行ったんですけど、本当に、玄関の下がヨレヨレになっていたんです!

 前の住人がどうして亡くなったかとか詳しい話は謎なんですが、センサーがうるさいからノイローゼになって薬の過剰摂取で死んだ可能性もあるなっていう。いろんなものが複合されている話ですね。

――心霊ミステリーですね。ありがとうございました!

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ