「今年No.1 UFO動画」の筆頭候補! パイロットが謎の「立方体UFO」激撮! しかも変形し…!=コロンビア

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 飛行機パイロットが撮影したUFO映像が話題だ。それは、雲海の上を黒い球状とも立方体ともつかない不思議な形状の物体が飛び去っていく様子を収めたもので、SNSに投稿されて大きな反響を呼んでいる。UFO情報サイト「UFO Sightings Hotspot」(1月29日付)が報じた。

Cube like UFO flying at high altitude captured by Pilot Viva Air (UFO Sightings Hotspot)

 動画を撮影したのは動画投稿SNS「TikTok」のユーザーであるCesarMP(@cesarinmp)さんという商用飛行機のパイロットだ。飛行中に謎の物体に出くわしてスマートフォンで撮影したという動画には、白い雲の上を飛行機とは反対の方向へと向かって一直線に飛行する黒い物体がはっきりと映っている。

 不思議なのはその形状だ。シーンによって球体にも見えるし、立方体にも見えるし、サッカーボールのような多面体にも見える。また、ドローンや小型飛行機ならば必ずあるはずの翼やエンジンなども見当たらない。YouTuberのwilleaseさんはその形状を分析する動画をアップしている。物体は形を変えながら飛んでいるとでもいうのだろうか?

 撮影場所はコロンビアの都市メデリン上空であったようだが、TikTokでは動画の投稿日時を確認することができないため、詳細な日時については不明だ。しかしながらこの動画は、不思議な形状のUFOが高速で滑らかに飛行する様子をはっきりと収めており、非常に貴重な動画といっても差し支えないだろう。

「今年No.1 UFO動画」の筆頭候補! パイロットが謎の「立方体UFO」激撮! しかも変形し…!=コロンビアの画像1
画像は「UFO Sightings Hotspot」より引用

 ちなみに、動画が撮影されたメデリンはUFOが頻繁に現れる場所として有名である。今回目撃されたUFOもメデリンで何らかの目的を果たし、いずこかにある基地へと帰る途中だったのだろうか。

 以前、飛行機のパイロットはUFOを目撃しても報告しないのが普通だったという。「UFOを見た」などと話したがために、パイロットとしての能力や資質に疑問符を付けられてしまうのを恐れていたためだというが、手軽に証拠を撮影できるスマートフォンの登場で事情は変わったということなのだろう。空の上で撮影されるUFO動画に要注目である。

参考:「UFO Sightings Hotspot」、「TikTok」、「YouTube」、ほか

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ