女性宇宙飛行士が“何かに怯えて絶叫する”激ヤバ音声流出! いったい彼女は何を見たのか… 囁かれる恐ろしい疑惑

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 トカナ読者ならご存じの通り、多くの宇宙飛行士が宇宙でのミッションの最中に「奇妙なもの」を目撃するという。地球に帰還した後、UFOやエイリアンの存在を公言する元宇宙飛行士は少なくないものの、その多くは自らの奇妙な体験については口をつぐんでしまう。しかし時として、それが映像や音声として記録に残ってしまうこともある。例えば、ミッションの最中に原因不明の叫び声を上げた女性宇宙飛行士がいる——。

女性宇宙飛行士が何かに怯えて絶叫する激ヤバ音声流出! いったい彼女は何を見たのか… 囁かれる恐ろしい疑惑の画像1
画像は「Alien UFO Sightings」より引用

 イタリア初の女性宇宙飛行士サマンサ・クリストフォレッティ氏は、2014〜15年にかけて、およそ200日にわたり宇宙空間に滞在した人物だ。国際宇宙ステーション(ISS)滞在中には、日々ロボットアームを使ってのメンテナンス作業やさまざまな科学実験を行う多忙な日々を送っていたのだが、そんな彼女の記録の中にとりわけ奇妙なものがある。

 それは、クリストフォレッティ氏がロシアの宇宙船ソユーズに搭乗している時のもので、ISSへのドッキング中に録音された音声である。彼女は突如何かに怯えたような叫び声をあげ、取り乱すとともにイタリア語で「オー・マイ・ゴッド!! オー・マイ・ゴッド!!」と繰り返したのである。直後には、同乗していた別の宇宙飛行士が「落ち着いて」と彼女をなだめる声まで残されている。

 その音声は今でも聞くことができるが、鬼気迫る叫び声は明らかに予測していなかった何かに驚き、恐怖を感じていることを示している。明らかな異常事態だ。その数日後、クリストフォレッティ氏は「初めて間近に見るISSの異様な眺めに驚いたのだ」と釈明しているのだが、彼女の叫び声は目の前の光景にただ驚いているだけにはとても聞こえない。彼女は何か予期しないものを見てしまったのではないだろうか? だとしたら、それは一体何だったのか?

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。