「宇宙人は存在する、地球にいる可能性」英国初の宇宙飛行士ガチ発言! 現イラン大統領など要人10人もUFO認める!

 英国初の宇宙飛行士が「エイリアンはすでに地球にいる」と発言し、英「BBC」(今月6日付)をはじめとした世界中のメディアで話題沸騰中だ。

Helen Sharman: ‘Aliens exist and could be here on Earth’ (BBC)

「宇宙人は存在する、地球にいる可能性」英国初の宇宙飛行士ガチ発言! 現イラン大統領など要人10人もUFO認める!の画像1
ヘレン・シャーマン氏。画像は「The Guardian」より引用

 英国人化学者のヘレン・シャーマン氏は英国初の宇宙飛行士として知られている女性だ。ラジオで宇宙飛行士募集のニュースを聞いて応募、13000人の中から選ばれて、1991年にソユーズで宇宙ステーション・ミールを訪問した。56歳になった現在も、インペリアル・カレッジ・ロンドンで勤務するかたわら、科学や宇宙に関する教育活動に精力的に関わっている。

 今月5日、英紙「Observer」でシャーマン氏のインタビューが掲載された。そして、自身の子供時代や宇宙飛行士応募の経緯について語ると共に、エイリアンの存在についても自身の考えを明らかにしている。

エイリアンは存在します。他に考えはありません。宇宙には非常にたくさんの星があり、そこにはあらゆる種類の異なる形をした生命が存在するはずです。それらは私やあなたのように炭素と窒素で構成されているかもしれないし、そうでないかもしれません」(シャーマン氏)

 さらにシャーマン氏はエイリアンが我々のすでに近くにいるのではないかという可能性までも口にした。

彼らはすでに地球にいる可能性もあり、単に私たちがそれをわからないだけかもしれません」(シャーマン氏)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ