伝説のパンクバンド 「ザ・スターリン」の同窓会ライブに潜入! 生豚のアタマが現れ…「臓物が飛んでくるのか!?」

イヌイ・ジュン

 昨年、9月24日に行われた遠藤ミチロウ(享年68歳)を偲ぶギグ(コンサート)、『9.24 糞爆ロック宣言「ザ・スターリン同窓会」』は、生涯忘れられないものになった。

 「東高円寺二万電圧」(東京都杉並区)で行われた、このギグを陣頭指揮したのは、元ザ・スターリンのドラマーであり、初期メンバーのひとりであるイヌイ・ジュン(60)だ。

 私ごとで大変恐縮だが、ザ・スターリンのギグに初めて足を運んだのは、今から30年以上も前のことになる。そこで観たミチロウのパフォーマンスは、凄まじいものがあった。ヴォーカリストのミチロウは、消火器の薬剤を浴びながらも歌い続け、ゴミなどをステージから投げ散らかしていた。観客の多くは、それを浴びたことでブッ倒れてしまったが、ミチロウは、そのまま歌い続けた。筆者は、観客をかき分けるようにしてステージ最前列に突進した。

 それから時は流れ、筆者はカメラマンとしての仕事で地球を何十周かしていた。遠いところでは、アフリカにも飛んだ。ザ・スターリンを解散した後のミチロウは、演奏のスタイルを変えて活動を続けていたが、演奏を観に行く機会はなかった。訃報を知ったときは、言葉を失った。

 そうした経緯もあり、『9.24 糞爆ロック宣言「ザ・スターリン同窓会」』は、「絶対に行かなければ!!」と思っていた。事前に前売り券を購入しておいて本当に良かったと今でも思う。その後、前売り券は完売し、当日券なしのスタートになったからだ。

ザ・ブターリン(Vo.HAYAKAWA。G.ISHI FIRE。B.TAKA。Ds.IRON FIST辰嶋)

 この日、出演したのは、ザ・ブターリンやcunts、ザ・ラビッツ、ザ・スターリン X、ザ・スターリン Yという面々だ。カメラマンとして海外に目を向けている間に、日本のパンクロックシーンを取り巻く状況は大きく変わっていた。ベテランのミュージシャンに混じり、20~30代のミュージシャンも参加していて、正直言って戸惑った……。

 最初に姿を現したのは、ザ・ブターリンだ。ブターリンというバンド名は、ヴォーカリストのHAYAKAWAの体格にちなんで付けられたらしい。HAYAKAWAは、いい感じでポッチャリしている。

 HAYAKAWAがゴジラのお面を被って登場すると、「天プラ」や「バキューム」、「ロマンチスト」などの曲を演奏した。これらは、ザ・スターリンのナンバーだ。パンクといえば過激なイメージがあるが、HAYAKAWAはとても可愛くて微笑ましいところがある。きっと彼は誰に対しても優しいのだろう。

コメント

4:匿名 2020年3月22日 03:18 | 返信

ミチロウさん、30年ぐらい前に池袋のコンビニで見かけました。ポテチとかお菓子をたくさん買い込んでた。
可愛いお兄さんって感じでステージでの印象と全く違ってた。
もうじき一周忌なんですね。

3:匿名 2020年3月22日 01:19 | 返信

宮沢正一の写真が見られてよかったです。感謝。

2:匿名 2020年3月20日 19:41 | 返信

このご時世のライブ案内とか頭弱いよね

1:匿名 2020年3月20日 19:06 | 返信

沖縄でライブやったときに取材に行った音楽ライターが
自分の横の客が「スターリン! スターリン!」と連呼しながら
割れたビール瓶で自分の腹を何度も突き刺していて怖かった

・・・そんな話を聞いた事がある

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。