【衝撃写真を入手】すでに中国は「市場でマスクなしで犬をさばく」レベルまで回復! 新型コロナ再流行の懸念も…!?


 その一方、数多くの日本人ビジネスマンも滞在している中国広東省深セン市は、5月1日からイヌとネコの肉の販売、消費を全面的に禁止すると発表した。新型コロナウイルスの感染源が野生動物であった可能性が指摘されていることによる措置だ。深セン市の対応は、時代を先読みしたものと考えられており、同市内ではおおむね受け入れられている。

「なんと言うか、この市場で働いている人もたくましいですよね。武漢であれだけのことがあったというのに、もうこうやって犬肉なんかを売っているわけですから。生きたまま持って来ているのですけど、誰もどこから持って来たかなんて聞かないんです。店の方は、『売れればいい』、『カネになればいい』って感じなんです。もう少し経ったらネコやネズミなんかも持ち込まれるんじゃないでしょうか。深センでは、イヌやネコの肉を売ることを禁止することが決まりましたけど、このような田舎がそうなるのは、もうちょっと先のことでしょうね〜」(湖南省在住のA氏)

 中国には、野生動物保護法があるが、それは極めて限定された動物が対象になっている。食用にすることを禁止しているのは、国が重点的に保護している動物などに限られているのだ。コウモリやネズミ、カラスなどを含む数多くの野生動物は対象となっていない。このような動物は、「疫病を伝播する『高リスク種』」とされている。これから数ヶ月すれば、コウモリやネズミなども売りだされることだろう。中国政府による一層の対応が求められる。

文=蟹山海老三郎

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ