超絶クリトリスペインティング、ビルに欲情…アートイベント「世田谷退去フェス」を直撃取材!

関連キーワード:

,

,

,

河野あさみさん。彼女が持っているのは、あめのいちさんの作品

「世田谷は、セレブタウンです。住みたい街で常に上位の街です。でも、家賃は高くないのです。稼いでいなくても世田谷に住むことができます。このビルがそうでした。大家さんには、感謝しても感謝しきれません。『立ち退きフェス』は、とても素敵な、絵描きのワーキングプログレスです。ビルのお葬式と言っていいでしょう。画家のNoricaさんは、沢尻エリカがいた(?)部屋のドア部分にペインティングをしてくれました。水着は着ませんでしたけど(笑)」

 今回、『立ち退きフェス』のために集まったのは、河野あさみ、関山草、長倉陽一、あめのいち、十萌、フルヤアツシという画家や現代美術の作家たちだ。まったく制限のない中で描かれた絵は、ノビノビとしている。これらの絵は、ビルの取り壊しとともに消え去ってしまうが、一部のものは、現在も保存されている。もちろん、販売もされている。

 クーラーや柱にペインティングをしたあめのいちさんは、最近人気急上昇中の画家だ。「柱」に描いたペインティングが保存されている。作品の価格が上がる前に手に入れておいた方がいいかも知れない。また、河野あさみさん(@kawanoartasami2)もツイッターで色々な作品を販売している。連絡してみよう!!

連絡先:モダンガァール女子(Vo@letsmodern)

 

 

文・写真=酒井透

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ