人間型エイリアン「トールホワイト」の優れた技術力を政府関係者が内部告発!平和系宇宙人が米国に与えた技術がやばい

画像は「Tall White Aliens」より

・トールホワイトと米政府の関係

 ホール氏によると、トールホワイトは約3000年前にアークトゥルス星から地球に来たことが古代ギリシア神話に書かれているという。また、米政府との関係はおそらく1940年代から始まったとのことだ。ホール氏は、地球生まれのトールホワイトにも言及していることから、彼らは人類に混じって生活してきたということだろう。

・トールホワイトと他の宇宙人の関係

 ホール氏によると、トールホワイトはショートグレイと呼ばれる宇宙人を憎んでいるため、ネリス空軍基地やトールホワイトの居住地であるエリア53やエリア54、ドリームランドと呼ばれている砂漠南西狩猟区の西部、さらにその周辺にあるエリア51(グルーム湖)やエリア52(パポース湖)にいわゆるグレイが存在する可能性は極めて低いという。ショートグレイはニューメキシコ州にいるとのことだ。

 また、“先生”と呼ばれる地球生まれのトールホワイトは、宇宙には多くの知的生命体が存在するとかたったことがあるという。ただ、その中でも人間だけが他の動物種と密接な関係を築いているそうだ。他の知的生命体はより知能の低い動物とは交わらず、また肉を口にすることもないそうだ。

・トールホワイトが米国に与えた技術

 ホール氏によると、トールホワイトは自分たちが有利になる場合にだけ、技術提供を行っていたという。たとえば、医療、食料、衣類、電子機器、原子炉、太陽系や近隣の恒星系に関連する科学的な詳細、より良い金属、セラミック、プラスチックを作るための情報交換は喜んで行ったが、軍事転用が容易な反重力推進装置や兵器製造の技術的な知識は決して与えなかったそうだ。

 さて、話を聞く限り、やはりトールホワイトが平和的な宇宙人であることは間違いないようだが、彼らは一体何者なのか、その謎は深まるばかりだ。いつか彼らが我々の目の前に姿を現すことはあるのだろうか? 一度でいいから会ってみたいものだ。

 

参考:「Karmapolis」、ほか

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ