スペースX「クルードラゴン」打ち上げをUFOが監視していた! 宇宙人がイーロン・マスクを危険視か、野口聡一さんも危ない!

 実は、スペースXの宇宙船は以前もUFOに“狙われた”ことがある。2016年9月、スペースXの無人ロケット「ファルコン9」が、打ち上げ前の燃焼試験中に大爆発を起こした事故があったが、爆発の直前に小型の飛行物体が高速でファルコン9の前を横切っていったのだ。当時、世界中のUFO研究家は「宇宙人の攻撃だ」と指摘していた。

 もしかすると、火星移住を目標に掲げるスペースX社CEOのイーロン・マスク氏を宇宙人は危険視しているのかもしれない。今回の打ち上げもも本来は5月27日に行われる予定だったが、天候不良で延期されていた。これも宇宙人による“警告”だった可能性がある。今回は無事にISSに到着したは良いものの、今年8月にはクルードラゴンの正式運用ミッションが予定されているから、まだまだ油断は禁物だ。しかも、このミッションでは日本人宇宙飛行士の野口聡一さんがクルードラゴンに搭乗する予定だ……。何も起こらないことを心から祈りたい。

参考:「Express」、「ET DATA BASE」、ほか

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

スペースX「クルードラゴン」打ち上げをUFOが監視していた! 宇宙人がイーロン・マスクを危険視か、野口聡一さんも危ない!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで