【取材】タトゥー、ヒップホップ、DEATHサウナ…超衝撃の「霊柩車イベント」に潜入!(MAMMOTH)


 昨今、めっきり見ることのなくなった宮型の霊柩車。しかし、どういうワケか分からないが、それを個人所有するのが流行っていて、SNSには所有者本人が撮ったと思われる写真がアップされている。

 そんな折、どエライミュージシャンが現れた。昨年末、『高円寺 FAITH』(杉並区高円寺南)というハコで行われたイベントにMAMMOTHという音楽ユニットが「霊柩車」で乗りつけたのだ。イベント会場となっている建物は、環七沿いにあるため通行量も多い。もちろん、それを目にした通行人はビックリ仰天。何度も振り返る人がいるかと思えば、スマホで写真を撮って行く人もいた。

「この車は、GEEK WATCHコレクターであり編集者、映画監督であるDonald Muneaki氏が映画のセット用に中古で買ったものです。そんなに高いものではありませんでした。『死神号』と言います。このイベントが初めてのお披露目になるんですよ。今夜は今をときめくアーティストが揃った音楽イベントを開催しています。一夜限りのイベントですね。自分たちは、ミュージシャンですが、普段は真面目に仕事をしています。会社員だったりフリーのカメラマンだったり。『死神号』は、バッチリメンテナンスをしているのでバリバリ走りますよ。ライトアップした姿も格好いいでしょ!」(MAMMOTH岡崎絶太郎氏/39歳)

 MAMMOTHという音楽ユニットは、30代の4人組ユニットで、ブレイクビーツやノイズなどのジャンルを根底としたディープな音楽を紡ぎ出すことで知られている。1990年にノイズユニット暴力温泉芸者を立ち上げて、海外でも公演を行なっているミュージシャン/小説家の中原昌也氏とも交流がある。この日は、同氏と共演する時間も設けられた。

 MAMMOTHは、自分たちの音楽を「ヒップホップ×エクスペリメンタルミュージック=ノイズHOP倶楽部」と呼んでいる。地下にあるフロアにが集まった大勢のオーディエンスは、彼らの音楽に浸っていた。

 この日に驚かされたことはまだまだある。霊柩車の中で、彫り師のARIKA氏によるライブタトゥが行われていたのだ。普段、棺の置かれている場所には座布団が敷かれ、そこにお客さんが座ったり寝そべったりして、タトゥを彫ってもらっていた。

関連キーワード:, ,

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

【取材】タトゥー、ヒップホップ、DEATHサウナ…超衝撃の「霊柩車イベント」に潜入!(MAMMOTH)のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル