妊婦の腹を裂き、胎児の“生ぎも”を飲む「ヤマンバ」伝承の怖すぎる結末とは…!? ドラマ「妖怪シェアハウス」を民俗学者が深堀り!

妊婦の腹を裂き、胎児の生ぎもを飲む「ヤマンバ」伝承の怖すぎる結末とは…!? ドラマ「妖怪シェアハウス」を民俗学者が深堀り!の画像3
画像は「Wikipedia」より引用

 それからしばらく経った聖武天皇の神亀3年(726)の秋8月のこと、紀州の僧・東光坊阿闍梨祐慶が、鬼婆の住処に宿を得ようとした。鬼女が薪を採りに出かけていくとき、「開けてはいけない」と言いおいたが、祐慶が覗いて見ると、人骨が山のように積み重なっていた。

 慌ててそこを飛び出した祐慶を、薪を取って帰ってきた鬼女が追いかける。

 祐慶が、追いすがる鬼女に向かって、熊野那智大社のお札を「山になれ」と祈りながら撒くと、山となった。しかし、鬼女が山を越えて追ってくるので、今度は「谷になれ」とお札を撒くと、今度は谷ができた。それでも鬼女が谷を渡って追ってくるので、祐慶が「川になれ」とお札を撒くと、大きな川になった。鬼女はひるまず川を越えて追ってきた。

 最後の手段に祐慶が如意輪観音に祈ると観音様が天空に現われ、「破魔の真弓」に「金剛の矢」をつがえて鬼女を射ち、退治した。祐慶は阿武隈川のほとりに塚を造って鬼女を葬り、そこは「黒塚」と呼ばれるようになった。

 現在、黒塚近くにある観世寺は、祐慶が観音像を祀るために建立した寺とされ、境内には鬼女の墓、住んでいたという岩屋、血で染まった包丁を洗ったという池などが残されている。

 手厚く葬られ、成仏を果たした鬼女は、今では地元の“地域おこし”にも貢献しているようである。観光施設「安達ヶ原ふるさと村」のイメージキャラクターは、鬼女をもとにした“バッピーちゃん”なのだ。長い時を超えて恐怖のヤマンバは、地元でも都会でも愛される存在になったのである。

文=畑中章宏

●畑中章宏(はたなか・あきひろ)

1962年、大阪生まれ。民俗学者・作家。
著書に『災害と妖怪』(亜紀書房)『天災と日本人』(ちくま新書)『21世紀の民俗学』(KADOKAWA)『死者の民主主義』(トランスビュー)など。民俗学をベースに災害や妖怪、民主主義など現代の問題を論じる気鋭の民俗学者。最新刊『関西弁で読む遠野物語』が発売中。

本人ツイッターアカウント @akirevolution

畑中章宏の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
タイのUFO聖地で冥王星人が残した予言がヤバい!「2020年に地球は……」

タイのUFO聖地で冥王星人が残した予言がヤバい!「2020年に地球は……」

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
11月29日~12月5日にアナタを襲う悲劇がわかる4択診断! Love Me Doが開運法指南

11月29日~12月5日にアナタを襲う悲劇がわかる4択診断! Love Me Doが開運法指南

■2021年11月29日~12月5日「今週の不幸を回避し...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

妊婦の腹を裂き、胎児の“生ぎも”を飲む「ヤマンバ」伝承の怖すぎる結末とは…!? ドラマ「妖怪シェアハウス」を民俗学者が深堀り!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル