ぬらりひょんは実在する!? 秋田県で「ガチ百鬼夜行」の目撃例… ドラマ「妖怪シェアハウス」を民俗学者が深堀り!

——話題のドラマ「妖怪シェアハウス」を気鋭の民俗学者・畑中章宏が解説! ドラマに登場する妖怪アマビエの裏情報を解説! 今回の妖怪はぬらりひょん!

画像は「テレビ朝日」より引用


今回の妖怪:ぬらりひょん


 ドラマのなかでは、人間の弁護士兼経営コンサルタント沼田飛世(ぬまた・ひよ)として活動する「ぬらりひょん」。どこかとらえどこのない性格にもかかわらず“妖怪の総大将”とも言われていて、ドラマでも個性的な妖怪たちのまとめ役になっている。

 そんな不思議な存在だが、江戸時代の妖怪絵巻にもよく登場し、鳥山石燕(とりやま・せきえん)の『画図百鬼夜行』では頭が大きな坊主姿で描かれ、「まだ宵の口の燈影に ぬらりひよんと訪問する怪物の親玉」と記される。

鳥山石燕『画図百鬼夜行』。画像は「Wikipedia」より引用


 家のものが忙しくている夕方などにどこからともなくやってきて、勝手に家に上がりこみ、お茶を飲んだり、主人のキセルで煙草を吸ったり、まるで自分の家のようにふるまう。

 その姿は頭の大きな老人で、口元は笑っているけど、「鯰に目口もないようなもの」と記した資料もあり、のっぺらぼうのような物の怪として理解されていたようだ。

 作家の京極夏彦と妖怪研究家の多田克己によると、「ぬらり」は滑らかな様子、「ひょん」は『日葡(ポ)辞書』では、「思いがけない」や「奇妙」という意味なのだそうである。

 一見するとお坊さんのようにも見えるが、商人のような恰好をし、旦那風にゆったり歩く。ドラマのぬらりひょんもこのとおりの風情だ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ