忘れられた「アマビエの予言」とは!? アマビエ目撃情報も…ドラマ「妖怪シェアハウス」登場キャラを民俗学者・畑中章宏が解説!

——話題のドラマ「妖怪シェアハウス」を気鋭の民俗学者・畑中章宏が解説! ドラマに登場する妖怪アマビエの裏情報を解説!

画像は「テレビ朝日」より引用

 コロナ禍のもと「予言する妖怪」が幅を利かせている。疫病や災害を予言し、その姿を絵にすると災厄をまぬかれるとされる妖怪たちだ。なかでも「アマビエ」のブームは、いまだに衰えることを知らない。アマビエについて改めて説明すると、こんな妖怪だ。

 江戸時代の弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)、肥後国(現在の熊本県)の海中に毎夜光る物が現れた。役人が様子をうかがいに行ってみると、その光る物は、こんなふうに告げて海に戻った。

「私は海中に住むアマビエと申すものである。今年から6ヶ年のあいだ、諸国は豊作になる。しかし病も流行するので、早々に私を写して人々に見せよ」

 その様子は江戸にまで伝わり、瓦版に描かれたその姿は、長い髪にくちばし、体には鱗、脚先は3つに分かれていた……。

画像は「Wikipedia」より引用


 そんなアマビエは“好事家”を除けば、それほど知られた存在だったわけではない。しかし、新型ウイルスの日本上陸が現実となった2月の末頃に、江戸時代以来の眠りから覚めたのだ。

 きっかけはツイッターで、ある妖怪掛け軸専門店がアマビエを紹介したところ、あたかも「疫病退散」のご利益があるかのように広まっていったのである。妖怪漫画の大家、故・水木しげる氏のプロダクションが、「水木の作品に描かれている」と呼応したことも、アマビエブームに拍車をかけた。

 その後アマビエは、和菓子、日本酒、ビール、清涼飲料のキャラクター、キーホルダーやストラップ、そしてマスクなど様々なアイテムに用いられ、挙句の果ては厚生労働省の「感染拡大啓発アイコン」にまで登りつめたのである。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ