キャラとは逆に「素の顔がとにかく温厚」な男性芸能人3人を関係者暴露! 千鳥の大吾やあのコワモテ俳優…!

関連キーワード:

,

,

キャラとは逆に「素の顔がとにかく温厚」な男性芸能人3人を関係者暴露! 千鳥の大吾やあのコワモテ俳優…!の画像1

 芸能界にはいわゆるコワモテと呼ばれる見た目の人間や毒舌キャラも数多い。しかし、怖い見た目やキャラクターとは裏腹に性格はとても優しい人間も多いという。今回はそんなギャップが大きい芸能人の名前を聞き出した。

「最近、志村けんさん関係のニュースでも話題になっていますが、千鳥の大吾さんは普段テレビに映っている印象とは大きく違うと思いますよ」(テレビ番組ディレクター)

 たしかにテレビに出ている際には毒づくこともある。カメラが回っていないところでは、どれほど違うのだろうか。

「千鳥は2人ともそうですが、とにかく低姿勢ですよね。芸人もある程度まで売れてくると制作会社所属の人間とは挨拶もしないという人が多いんですが、千鳥の2人はそういうこともありません。特に大吾さんは誰であっても必ず敬語ですし、年齢が自分より若くても立って挨拶するなど好印象です。実は志村さんもそういう部分があったので、もしかしたら志村さんからの教えなのかもしれないですね」(同)

 テレビでは厳しい言葉も多いが、本来の姿は常識的な人柄のようだ。これからどんどん売れても変わらないでいてほしいものである。

 続いてはあのコワモテ俳優の名前が出てきた。

「的場浩司さんじゃないですか。見た目はあの通りとんでもなく怖いですし、キレたらヤバイんですが、現場ではいつも笑顔を見せ温厚ですよ。前に不注意から的場さんに飲み物をぶちまけたスタッフがいましたが、そのときもスタッフの服を先に心配していて紳士的でした」(テレビ番組プロデューサー)

 いい人というよりも紳士的なナイスガイということだろう。

 そして最後はもうひとりのコワモテ俳優の名前が挙がった。

「ヤクザ役も多い寺島進さんですよね。知ってる人は知ってるでしょうが、親分肌でとにかく誰にでも優しいんです。しかも、スタッフの名前と顔を覚えるのがとにかく早い上に、以前に話したエピソードも覚えていて、『お母さんの病気どうなった』などと親身に話を聞いてくれるんです。そういう人柄を知らない人間の中には、一瞬でファンになるケースも多いですよ」(テレビ局関係者)

 たしかにあの見た目でそこまで優しくされればファンになりそうだ。

 今回はこのような名前が挙がったが、まだまだ見た目と中身が大きく違う芸能人はいそうだ。

文=吉沢ひかる

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ