19世紀~90年代の激ヤバ宇宙人事件「第三種接近遭遇」5選! 校庭にUFO、エイリアンの死体… 壮絶エピソードの連続!

 米紙「New York Post」が同社のYouTubeチャンネルで配信しているUFO情報番組が注目を集めている。著名なUFO研究家とドキュメンタリー映像監督が掘り下げるUFOの話題は“第三種接近遭遇”である。

19世紀~90年代の激ヤバ宇宙人事件「第三種接近遭遇」5選! 校庭にUFO、エイリアンの死体… 壮絶エピソードの連続!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

■5つの“第三種接近遭遇”事件

 UFO研究家のニック・ポープ氏とドキュメンタリー映像監督のスティーブン・グリーンストリート氏が手掛けるUFOについての動画番組「The Basement Office」が好評を博している。6月に公開されたエピソード10では、これまでのUFO事件史から“第三種接近遭遇”に焦点を当てて5つの事件を振り返る内容になっている。

 米空軍のUFO調査プロジェクトに参加した天文学者のジョーゼフ・アレン・ハイネック博士は自著の中で、UFO遭遇体験を3段階に分類した。

 それによると、「第一種接近遭遇」とは約150メートル以内の距離からUFOを目撃することで、「第二種接近遭遇」はUFOが周囲の環境に何らかの影響(音、風、熱、電波、化学物質、物理的接触)を及ぼすことである。そして「第三種接近遭遇」は、空飛ぶ円盤の搭乗員と接触することだ。

 両氏は今回、この「第三種接近遭遇」の観点から興味深い5つのUFO事件を紹介しているのだ。

■オーロラUFO墜落事件

 1世紀以上も前の1897年4月17日に起きた「オーロラUFO墜落事件」は、地元の人によれば、アメリカ合衆国テキサス州オーロラの近くで農場でUFOが墜落した事件である。この事件ではUFOに搭乗していたエイリアンの遺体との「第三種接近遭遇」が起きている。

 近くには墓地があり、地元の人々はこの遺体を墓に埋葬したと話している。この話が本当であれば調査のために墓を掘り返してみれば何らかの痕跡が残っているとも思われるが、1970年代と2008年に行われた調査ではどちらもエイリアンの遺体に関係する物証は得られなかった。

19世紀~90年代の激ヤバ宇宙人事件「第三種接近遭遇」5選! 校庭にUFO、エイリアンの死体… 壮絶エピソードの連続!の画像2
画像は「YouTube」より

 しかしUFOが墜落したとされる現場では奇妙な金属片がいくつか見つかっている。分析してみたところアルミニウムが主成分の奇妙な合金が多く、またいくつかの金属片は成分の特定ができなかったということだ。

 UFOの遺体を埋葬したという話が本当であるとすれば驚くべきことだが、100年以上も前のことで当然ながら当事者は皆亡くなっているため、事実上迷宮入りになっていると言えるだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ