「3メートルの宇宙人」事件の裏で起きた未解決ミステリー2件とは!? 謎の触手に撫でられ、黒い人影に追われ… トラウマ級の恐怖!

――超能力、心霊現象、UFO、など、いわゆる「超常現象」分野に深い造詣を持つオカルト研究家・羽仁礼が解説!

「3メートルの宇宙人」事件の裏で起きた未解決ミステリー2件とは!? 謎の触手に撫でられ、黒い人影に追われ… トラウマ級の恐怖!の画像1
ジーン・レモンとキャサリン・メイ(フラットウッズ・モンスターのスケッチとともに) 画像は「The Flatwoods Monster Museum」より引用

 1952年、アメリカのウエストヴァージニア州ブラクストン郡フラットウッズで起きたUFO事件は、70年近くを経た現在でも語り継がれる衝撃的なものである。

■「フラットウッズ・モンスター」事件概要

 有名な事件ではあるが、一応概要を紹介しておくと、この年の9月12日午後7時15分頃、学校の校庭でサッカーをして遊んでいた5人の子供たちが、輝く物体が空を横切り、近くの丘に落下するのを目撃した。

「3メートルの宇宙人」事件の裏で起きた未解決ミステリー2件とは!? 謎の触手に撫でられ、黒い人影に追われ… トラウマ級の恐怖!の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

 少年たちのうち2人は、町で美容師をしているキャサリン・メイの子供たちであったことから、全員がまずその母親の美容室に駆け込んだ。キャサリン・メイは近所に住む州兵のジーン・レモンにも声をかけ、レモンはさらにその飼い犬を連れてきた。こうして計7人と1匹は落下地点と思われる丘の頂上を目指した。

 すると途中、木立の間に、脈動するように光る火の玉が見えた。その方向に懐中電灯を向けると、奇妙な怪物の姿が浮き上がった。全体として人間のようなシルエットはしているが、身長は3メートル以上もあり、顔は血のように真っ赤で、フードのようなスペード型をしたものに覆われていた。胴体とおぼしき部分は暗い色で、カーテンのような形状をしていたが金属のような質感があり、胸の辺りに一対のかぎ爪のようなものが確認できた。脚は見あたらなかった。

「3メートルの宇宙人」事件の裏で起きた未解決ミステリー2件とは!? 謎の触手に撫でられ、黒い人影に追われ… トラウマ級の恐怖!の画像3
画像は「Clarksburg-Harrison Public Library」より引用

 怪物は両目から光を放ち、「シュー」という不気味な音を立てながら、宙を滑るような動きで一行に迫ってきた。恐ろしくなった7人は、蜘蛛の子を散らすように逃げ出した。そのとき一行は、嫌な臭いのする靄のようなものが辺りに立ちこめていることに気付いたという。

 この奇妙な宇宙人らしき生物は、アメリカでは「ブラクストン・カウンティ・モンスター」とか「フラットウッズの幽霊」とも呼ばれ、日本では「フラットウッズ・モンスター(略してフラモン)」あるいは「3メートルの宇宙人」として有名になっている。

 この年、1952年には、アメリカではウェイヴと呼ばれるUFOの集中目撃が発生しており、ワシントン上空UFO事件やアダムスキーのコンタクトなど、他にもいくつも重要なUFO事件が報告されている。そして事件の起きた9月、それもフラットウッズと同じブラクストン郡では、身長3メートルほどもある謎の生物の目撃事件が他にも2件確認されているのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ