メーカーによる「計画的陳腐化マーケティング」ライトバルブ陰謀論とは? 大量生産と大量消費を促す罠

 LED照明が普及した昨今、電球を(light bulb)が切れて交換するなんてことはあまりないかもしれない。改めて考えてみれば、白熱電球や蛍光灯はなぜあんなにも頻繁に切れていたのか。それもそのはず、そこには“陰謀”が張り巡らされていたというのだ――。

■売られている電球は1000時間しか持たない!?

 モノを長く大切に使い続けることは理にかなったエコでサステイナブルな生活習慣だが、消費社会にとっては買い替え需要が増えず経済が活性化しない。

 そこでメーカー側が製品を意図的に長持ちしないように作ったり、あるいはニューモデルを次々と出してすぐに時代遅れにさせたりという“マーケティング”を思いついたとしても不思議ではない。こうしたマーケティング手法は計画的陳腐化(Planned Obsolescence)といわれ、メーカー側は間違っても口にすることはないが、実際に行われていることだ。

 しかし計画的陳腐化(旧式化)には若干の懸念事項がある。このプランを1社だけで推し進めるには圧倒的なシェアが前提となり、競争の激しいマーケットで計画的陳腐化を実施すれば同業他社に客を取られてしまうだけの結果を招く。

 そこでかつて、エレクトロニクス業界で秘密のカルテルが結ばれていたと噂されている。それが“ライトバルブ陰謀論”だ。

画像は「Unsplash」より

 1920年代、電球は2500時間は持つものであったが、ある時点から現在まで、世に売られている電球は1000時間しか持たなくなっているという。技術は進歩しているはずなのになぜこんなことが起きるのか。

 YouTubeチャンネル「Video Project」に投稿されている動画によれば、1924年に家電メーカー間において電球の耐久性について国際的なカルテルが結ばれたのだという。どの国のどのメーカーであっても、電球の寿命は1000時間にすることが定められたというのである。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ